経沢香保子の仕事論~集中力の高め方

あれもこれも気になってしまい、どれも中途半端になってしまうというのは、ありがちな悩み。集中力が散漫になってしまうと、いつもはしないミスをしてしまうなど、あまりいい状態にはなりません。 では集中力を高めるためには、どのようなことが必要なのでしょうか?起業家 経沢香保子さんにその極意を伺いました。 

取材・文/GINGERweb編集部

「コンディション整っている?」を確認しよう

Licensed by Getty Images

集中して取り組めばサクッと終わる業務も、なかなか終わらないな・・・そんなことはありませんか?「集中できないな」と思ったときは、まず私生活から見直してみることも大切だそう。

「睡眠不足のときはもちろん、気分的に嫌なことを引きずっているとき、体調が悪いときなど、人は集中力が鈍くなってしまいがちです。そんなときは、生活習慣を見直してみましょう。

アラサーともなると、意識して取り込まないと、汗をかくような運動もしなくなる年齢。規則正しい生活習慣のほか、適度な運動は健康な心を養うためにも大切です。最近集中力が持たないなと思ったら、まずは自分の生活習慣を見直してみましょう。睡眠・食事・適度な運動、当たり前のことですが、やる気とともに集中力を取り戻してくれます。

私は、常日頃から“最高の人生は、最高のコンディションがつくる”を合言葉にしています」

人に頼れるところは思いきって頼る

Licensed by Getty Images

なんだか集中できない理由に、そもそもやるべきことが多すぎる、ということもあるでしょう。そんなときは、とにかく今やることを洗い出てみましょう。

「やるべきことをリスト化するだけで違うと思います。今日必ず終わらせなければならないこと、明日以降に持ち越してもいいものなど、タスク一覧をみれば、優先順位が決まってホッとするはず。そうすると、気持ちが楽になって集中力が高まります。

また、“自分じゃなきゃできないかどうか考える”という癖もつけましょう

自分ひとりで抱えること、遅くまで働くことは美徳ではありません。いかに気分よく働くか、いかに周囲にも明るい雰囲気を電波できるかの方が、今の時代は必要とされる存在です。

特に日本人女性は、家事や育児など、自分だけでやらなくちゃ!と思ってしまう人も多いようですが、他人に頼る手段をもっていることは、大切なこと。便利な社会に生まれてきたことを享受する勇気を、持っていただけたらと思います。

以前、ある人に“社長は余裕が大事”という言葉をかけられ、ハッとしたことがあります。仕事を指示し、職場を円滑に回すためには、自分自身の余裕が大切。自分に余裕がないと意図せずして人を傷つけてしまったり、感情的になってしまうこともあります。心をフラットにして人と接していると、やるべき道も見えてくるはずです」

5分以内にできることはその場でやる

Licensed by Getty Images

「また、そのタスクリストをみて5分以内でできことあるのであれば、さっさとやってしまうのが一番です。

私はそうなのですが、たとえば瞬間で答えられるメール返信や、美容院に行きたいなと思ったときの予約電話など、プライベートなことも含めて、とにかく“思いついた時にすぐにやってしまう”とクセづけしています。リストに入れる前に、やりたいことをやってしまうことで、人生が一番加速すると思います。

また、リストに入っていたとしても、テキパキ処理していると、そのリズムで気分も乗ってくるもの。すぐに片付けられることから始めると、他の仕事もスムーズに進むようになると思います。あれこれ考えすぎるのも、スピードを原則させてしまいますので、遠くを見過ぎてしまわずにやれることからやっていきましょう。

それでもなかなか気分が乗らなければ、優先順位ばかり気のせず、やりたい順にやってみましょう。最終的に、時間を大幅短縮し、自分も楽しいのは“苦手はアウトソース”“やりたい順で仕事をすること”ではないでしょうか。そうしていくと、自然とやるべきことがみえてきて、集中力が高まるはずです」

なんだか集中できない日は誰にでもあるもの。そのまま過ごさず、気分のリフレッシュや順番を変えてみるなど、いつもの仕事を少しアレンジしてみると、気持ちよく仕事ができるはず。まずは自身のコンディションを整えることから始めてみましょう。


経沢香保子/起業家
ナビゲーター
経沢香保子/起業家
リクルート、楽天を経て26歳でトレンダーズを設立。2012年東証マザーズ上場 。現在は、1時間1000円からスマホでベビーシッターを呼べるキッズラインを運営。
このナビゲーターの記事を見る