【Women be Ambitious!】長屋なぎささんに聞く! vol.1 「自分らしいファッションの見つけ方」

夢を形にしてきたパワフルな女性、目標を持って未来へと突き進んでいる輝く女性にインタビューさせていただくシリーズ企画。
今回は、アパレルメーカーでプレス経験を積んだあと、ライフスタイルプランナーとして幅広く活躍中の長屋なぎささんにフィーチャー。
第1回目は、155cmと小柄ながら、いつだって素敵な着こなしの長屋さんに、自分らしいファッションとは?をテーマにお話しを伺いしました。長屋さんのポジティブさに触れると、ファッションの楽しさと可能性を今よりもっと感じられるはず。

撮影/長谷川梓
取材・文/GINGERweb取材班  

“理由”をつけて着たい服を諦めない!

From Getty Image

――155cmと小柄な長屋さんですが、それゆえに悩んできたことや、自分らしいファッションのために心がけていることを教えてください。

「悩んできたというよりは、背の高い人に憧れを持っていました。今でもそれは同じですが、背が低いと悩む前に、どう工夫したら背が高く見えるか、スタイルがよく見えるか。なりたい自分に近づくための着こなしを昔から考えてきました

――悩むのではなく、なりたい自分に近づけていく。とてもポジティブな考え方ですね。

「背が小さいからロングコートは無理、ワイドパンツははけないなんて、決めつけてしまってはもったいないと思いませんか? 最初から諦めないことが大切です

――確かに、最初から決めつけてしまうのはもったいないですね。でも、失敗してがっかりしたくない、やっぱり無理だったって思いたくないという気持ちも、少なからずあるような気がします。

「もしも、気に入った服がしっくりこないなら、どうやったらその服を上手に着こなせるか考えてみることが大事。ただ着るだけではなくて、腕をまくってみる、裾をちょっとINしてみる、肩を落としてみるなど、アレンジをしながらいいバランスを見つけます。失敗しないためには、とにかくたくさん試着をすることです。着こなすポイントを自分で掴めるようになると、ファッションの幅がグンと広がりますよ」

バランスは、客観的に見るクセを身につけて

From Getty Image

――試着することで経験を積んで、バランス感覚を磨くということですね。それでもやっぱり自信がないこともあります・・・。

バランスに迷ったときは、自分自身で写真を撮ってみるといいですよ。鏡で見るのとまた違って、客観視できるのでおすすめです。
ちなみに、わたしのバランスのとり方はハイウエストにポイントを置くか、Ⅰラインを取り入れるのがここ近年の傾向。スタイルアップですね。脚長効果や着やせ効果ですらっと見えます。背の小さい人に効果的ですね」

自分の好きを見つけよう!

――長屋さんにとって、自分らしいファッションとは、なんだと思いますか?

「昔はそれこそギャルっぽい格好もしていて、いろいろなファッションを楽しんできたけれど、今思えばトレンドに流されていた部分もありました。
最近好きなものがきちんとわかってきて、流行を追うよりもたくさんの洋服を買うよりも、いいものを大事にしたいと思うようになってきて。
自分らしさって、そういう自分がいいなと思う気持ちに素直になって、どう着ると少しでも素敵に見えるのかを考えることで出てくるものじゃないかなって思います。
今はインスタグラムなどで簡単にトレンドをチェックできるので、素敵だなと思う感覚を信じて、そこに近づくためにはどうしたらいいか、テクニックを考えてみるといいかもしれません。
『155㎝ STYLE』には、そんなわたしの今を詰め込みました。たくさんの私服コーディネートも見ていただけるので、ぜひ参考にしていただけたらと思います」

着たいものを諦めずに工夫しながら着る。そんな長屋さんのようなポジティブさと努力が、おしゃれな人になる第一歩かもしれません。ぜひ皆さんも“着たい”という気持ちに素直になって、さまざまなファッションにチャレンジしてください。

長屋なぎさ
アパレル本社でe-commerceやプレスを担当したのち、27歳でライフスタイルプランナーとして独立。2015年、ハワイセレクトショップディレクターとしてハワイに移住。現在は日本を拠点とし、企業のビジュアル監修やアパレル代理店業務、ライフスタイルアイテムの商品企画なども企業とコラボレーションして幅広く活動中。

GINGERweb取材班
ナビゲーター
GINGERweb取材班
アラサー女子の心と脳を活性化させるニュースからインタビューまで、見逃せない話題のあれこれを丁寧にレポート。あなたの“やる気”をアップする刺激的なネタが勢ぞろい!
このナビゲーターの記事を見る