働く女子必読!J.Y. Parkさんの名言から学ぶ、素敵な先輩になる方法

老若男女問わず、夢中になる人が続出したオーディション番組「Nizi Project」。そのなかでも「最高にカッコいい上司!」と大きな話題になっていたプロデューサーJ.Y. Parkさんの名言から、GINGER世代が身につけるべき指導力について紐解いてみました。
言葉の奥行きを感じ取って、“素敵な先輩”になるための参考に!

個性を引き出し、より輝かせるために必要なことって?

J.Y. Parkさんの言葉①

ひとりひとりが特別でなかったら生まれてこなかったはずです。(中略)
自分自身の姿を見て、大丈夫、あなたは十分特別だよ
そう言ってあげられる日が来るべきだと思います

「オーディションはあくまで特定の目的に合う人を探すだけで、脱落しても自分が特別ではないということではない」として練習生に語った言葉。自信をなくしてしまった後輩に、もう一度立ち上がる力を持つようにと元気づけることができそう!

J.Y. Parkさんの言葉➁  

真実
 “隠すものがない人になれ”、
誠実 “自分との闘い”、
謙虚 “言葉や行動の謙虚ではなく、心の謙虚”

練習生たちに、人柄に関して講義を行った際に語った言葉。特に「自分自身が常に足りないと思って、隣にいる皆の短所ではなく長所だけを見て心から感謝すること」と話した“謙虚”に対する解釈は心にとめておきたいもの。

J.Y. Parkさんの言葉③ 
 
短所がないことより、
特別な長所がひとつだけ
あることのほうがもっと大切です

その人の個性を引き出し、より輝かせることに長けたJ.Y. Parkさんらしさが伝わる言葉。ビジネスのシーンでも、完璧を目指すことに縛られるのではなく、自分らしさを伸ばすことを重視することでパフォーマンスの向上につながりそう。

後輩とのコミュニケーションに悩んでしまうシーンも多いアラサー世代。そんなときは、J.Y. Parkさんの名言を参考にしてみてはいかがでしょうか?

GINGER編集部カルチャー班
ナビゲーター
GINGER編集部カルチャー班
仕事だけの毎日じゃモノ足りない、もっと自分時間を楽しく過ごしたい! 欲張りな大人女子のライフスタイルを充実させる、要チェックなカルチャー情報をいち早く紹介します。
このナビゲーターの記事を見る