冬の和菓子ギフト。クリスマスや年末のご挨拶にオススメ3選

12月に入り、今年も残りわずか。クリスマスや年末年始は、お世話になった方々や大切な人にお礼と感謝の気持ちを伝える絶好のチャンス。会社の上司やクライアント先の方への手土産には“きちんと感”が伝わる和菓子が重宝します。

今回は約37000人の現役秘書のネットワークサイト、ぐるなび「こちら秘書室」の秘書会員が選りすぐりの「クリスマスや年末のご挨拶に役立つ和菓子ギフト」をご紹介します。見た目からも楽しめる和菓子ギフト、ぜひ参考にしてください。 ※商品内容は掲載日時点のものとなります。

みずみずしく華やかな玉羊羹

発酵さしすせそ羊羹 五季 15個入り
発売元:五穀屋
酒・抹茶塩糀・りんご酢・醤油糀・白味噌 各28g×3個=計15個
¥4,860(税込)

●POINT
・華やかな色合いがクリスマスや年の瀬にぴったりだと感じました。12月は行事が多く忙しい時季なので、見た目でパッと明るい気持ちになっていただけそうです。(IT関係/K.S)

・楊枝を刺すと羊羹が出てくる昔なつかしい玉羊羹。日本の発酵調味料を使用した5つのフレーバーが楽しめます。見た目も美しく、年配の方にも喜んでいただけると思います。(製造業/Y.M)

●Pick up情報
『からだに美味しい和の知恵菓子』をコンセプトに、古くから伝わる五穀と発酵をお菓子で表現している「五穀屋」。「発酵さしすせそ羊羹 五季」は、5種類の味の羊羹をそれぞれ一口サイズに封じ込め、移り変わる5つの季節(春夏秋冬+土用)を表しています。色と味わいの正体は、酒(透明)、抹茶塩糀(緑)、りんご酢(赤)、醤油糀(茶)、白味噌(薄黄)。発酵のさしすせそが生み出す自然の恵みです。楊枝で突くとぷるんと現れる、みずみずしい玉羊羹。その愛らしい姿もポイント。

【こちら秘書室公認 接待の手土産ページ】

季節を感じさせるお茶菓子


ゆきごろも(3個入)
発売元:阿わ雪本舗 松琴堂
8本×3
¥2,364(税込)

●POINT
・温かいお茶と一緒にお召し上がりいただける小ぶりの半生菓子。冬をイメージさせるネーミングもこの季節に良いと思います。(情報通信/M.M)

・砂糖でコーティングした薄焼きのカステラに、卵白と砂糖、寒天で作られたふわふわの「阿わ雪」を包み込んだ、ほどよい甘さと食感が楽しめるお菓子。手土産に便利な個包装ですし、価格帯もちょうど良いです。(金融業/S.H)

●Pick up情報
慶応2年創業松琴堂の看板商品「阿わ雪」がカジュアルに進化した小さな半生菓子。薄焼きのカステラで阿わ雪を巻き、胡麻入りの砂糖でコーティング。ふわふわサクサクとした楽しい食感で、若い方にも大人気です。シャリっと噛めば、口の中に広がる濃厚ながらサッパリとした甘さ。ほんのり香る卵と胡麻は和の雰囲気でありながら、珈琲などにも合う和菓子として最適です。今まで経験したことのない食感を体験してみてください。

【こちら秘書室公認 接待の手土産ページ】

大人数で楽しめる上品おかき

赤坂あわせ(2缶入り)
発売元:赤坂柿山 赤坂総本店
赤坂慶長 墨缶[慶長 醤油7枚/慶長しぶき海苔7枚]
赤坂慶凰 真珠缶[慶凰 醤油4粒/慶凰 塩4粒]
¥2,160(税込)

●POINT
・年末のご挨拶に。たくさん入っていて、どんな年齢層にも、どんなシーンにも合う薄焼きのおかきは重宝されると思います。缶も上品なので、改まった年末のご挨拶にもふさわしいです。(建設業/H.M)

・お値段も手ごろで、量も多く、味も文句なし!クライアントへのご挨拶などビジネスシーンで皆様に喜ばれます。(製造業/A.K)

●Pick up情報
東京・赤坂に本店を構えるあられ・おかきの専門店「赤坂柿山」。原料は香りとコクが豊かな富山県特産の新大正もち米。栽培に手間がかかるため、ほとんど富山県外に出回らないといわれている希少米です。その新大正もち米の粒の姿をそっくり生かして焼き上げた薄焼きおかき「慶長」、アーモンドを丸ごと一粒おかきでくるんだ「慶凰」を、硯箱の蒔絵のような美しい化粧缶に詰合せた一品。モダンで上品なデザインは大切な方へのギフトとしても好評です。おかきは日持ちが長く好みが分かれないので、シーンを選ばず贈れるギフトとしても人気です。

【こちら秘書室公認 接待の手土産ページ】

「こちら秘書室」powered by ぐるなび
ナビゲーター
「こちら秘書室」powered by ぐるなび
一歩先のおもてなしや細やかな気遣いで、ボスをサポートする秘書たち。そんな秘書たち約36,000人を会員に持つ日本最大級の秘書ネットワークサイトです。現役秘書が直接目利きした手土産情報サイト「接待の手土産」も運営。ビジネスシーンや記念日など、大切な相手に安心して贈ることができる最新の手土産セレクションを紹介しています。
このナビゲーターの記事を見る