仕事に対してモチベーションが上がらないのはなぜ?

「仕事に対するモチベーションが湧かない」という悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。中でも、教員という立場でビジネスパーソンの悩みを聞いていて気になるのが、「頑張っているのに上司から評価されない」「報酬が見合ってない」といったことが悩みの中心であるケースです。
あなたもそんな悩みに直面したことはありませんか? 今回は、仕事においてとても重要なモチベーションについて整理してみたいと思います。

モチベーションを他人に求めていませんか

「頑張っているのに上司から評価されない」「報酬が見合ってない」と考えている方は「モチベーションは外から与えてもらうものだ」という暗黙の前提があるのでしょう。
報酬や評価といった第三者による人為的な動機は「外発的動機」と呼ばれますが、これがモチベーションの中心になると不満ばかりが溜まります。欲求が一時的に満たされても長続きしないからです。そのため、モチベーションを維持していくためには、自分の内側から純粋に「やりたい」と湧き上がってくる「内発的動機」を持つことが重要です。

とはいえ「内発的動機」が湧き起こるような仕事に巡り会えない、という人も多いでしょう。その場合はどうすればよいのでしょうか?

仕事の「意味」を考えたことありますか?

個人的なエピソードをお話ししましょう。はるか昔、商社の人事部にいた時、社員の健康管理を担当していた時期がありました。正直言うと、なぜこの仕事をやらなくてはならないのかわからず、モチベーションがまったく上がりませんでした。
当時、私は学生の採用にも関与していたのですが、ある日、目をキラキラに輝かせた学生たちが私の前に来て「商社の人事ではどんな仕事をしているのですか?」と問いかけてきました。さすがにつまらない話はできないと悟り、私は担当している仕事の「意味」を、精一杯話しました。

商社のビジネスにおいては、現場にいる一人ひとりが小さな意思決定をどれだけスピーディに正しくできるかどうかが勝負になる。そのためには、社員が100%の力を出し続けていることが大事であり、社員の健康状態は極めて重要な指標になる。そのため、健康管理という業務は、商社の各ビジネスラインの戦略実行がうまく機能しているのかを見極める重要なミッションを帯びている…と。

心にもないことを言ってしまったと思ったものの、冷静に考えてみると「本質的にはそういうことかもしれない」とも思えてきました。その瞬間、やらなければいけないこと、やりたいことが見えてきました。単にエクセルを使った無機質な管理をするのではなくて、それぞれの部署で何が起きているのかという仮説を立て、具体的な働きかけをする必然性を理解したのです。そして、気付いたら仕事の中身も報酬も変わっていないのに、モチベーションの悩みは吹き飛んでいました。

仕事の見方を変えるのは自分次第

これこそが「意味づけ」のパワーです。つまらない仕事であっても、つまらなくしているのは自分なのであり、「意味づけ」ひとつで仕事に対する見方はどうにでも変わる、ということなのです。モチベーションが上がらずに苦しんでいる人は、ぜひ「意味」を精一杯与えてみてください。そこに道は見つかるかもしれません。
(グロービス経営大学院 教員 荒木博行)

グロービス経営大学院/ビジネススクール
ナビゲーター
グロービス経営大学院/ビジネススクール
日本最大のビジネススクール・グロービス経営大学院には、オンラインMBAプログラムもあります。授業はライブ形式で進み、ディスカッションが中心。実務で使える力がすぐ身に付きます。通学も併用でき、ライフスタイルに合わせて学び続けられます。
このナビゲーターの記事を見る