経沢香保子の仕事論~自分の考えを伝える3ステップ

仕事でもプライベートでも、自分の考えや思いを伝える場面は多くありますよね。でも、何かを伝えようとしたときに、もっとうまく言葉にできたらいいのに、論理的に話せたらいいのにと悩む女性も多いよう。今回の起業家 経沢香保子さんの連載は、そんなよくある悩みを打破できる、思いを伝えるための3ステップをご紹介します。

取材・文/GINGERweb編集部

STEP1. 結論を考える

Licensed by Getty Images

“何を伝えたいのか考える”ことは、当たり前のようにみえて、うまくできずにいる人が多いそう。

「女性は男性に比べて、論理的に話すことが苦手な人が多いように感じます。例えば、“なにか違う”と思っても、何が違うかうまく言葉にできず、モヤモヤだけで終わってしまう。また、勇気を出して伝えようと思っても、話し進めるうちに論点がずれてしまうという経験のある人は少なくないのではないでしょうか。こういった、人にうまく伝えられない要因は『何を伝えたい』のか自分自身で理解できていないからだといえます。まずは自分自身が何を伝えようとしているのか、明確にすることが大切。
そのために、「結論を頭に思い浮かべてみる」というのが有効です。「好き」なのか「嫌い」なのか「継続」なのか「やめる」のか。次にその理由はなんなのか?
私は、これを外国人とのコミュニケーションの場面で痛感させられました。普段は日本語だから好きなだけ言葉を紡ぐことができる。でも、外国人を目の前にしたら、伝えたいことを伝えるには、相手の行動を変えるには、シンプルに伝えなければいけない。
そもそも流暢に扱えない英語では、知っている言葉を優先順位で並べなければいけないからです。そこで、何を伝えたいか考える方法のひとつとして、英語で言うなら、まず、第一文に何を言うのかをイメージすると、思考がシンプルになるなと思いました」

STEP2. 順番を整理する

Licensed by Getty Images

何を伝えたいか第一文が完成したら、次は伝える順番を考えていきましょう。

「相手にわかりやすく伝えるためには、話す順番も大切です。いわゆる「構成」ですよね。基本的なことではありますが、5W1Hを整理する、「結論」その「理由」という構成にするなど、考えて発言してみましょう。
私も、どう伝えたら自分がイメージしたことを全社員に同じように頭の中に描いてもらえるかいつも考えています。他の人の頭の中は覗くことができないので、きちんと伝わっただろうか、と不安になることもあります。相違が生じないようにするためには、イメージを共有できる資料をみつけたり、項目を書きだして、考えをアウトプットしてみましょう。
すると、自分の頭を整理することもでき、またそれをシェアすることで相手も同じイメージを持ちやすいでしょう。
また、語彙力を持っていることも重要。多くの本を読んで、上手な言い回しを学びましょう。訓練していくことで、伝えたいことが相手にきちんと伝わるようになっていくと思います

STEP3. 発言する勇気を持つ

Licensed by Getty Images

一番大事なのはこれかもしれません。伝えたいことを言葉にできずに立ち止まってしまっていませんか? 言いたいことを言わずにいると、モヤモヤしてフラストレーションがたまってしまいますし、「伝える」訓練を積むこともできなくなってしまいます。

「伝えたいことを口に出す勇気を持ちましょう。発言したことで気まずくなってしまったらどうしよう、そんなこと考えているのかと、バカにされるかも・・・、こんなことを疑問に思うことは私だけかもしれない。など、不安が出てしまうこともあると思います。でも、それを「伝えない」ことには何も始まりません。
もし、どうしても言いたいことがまとまらない、また勇気が出ないなら、カウンセラーやコーチングの感情描写やコミュニケーションのプロの先生などに頼って、漠然としたことから相談してみるのもひとつです。

実は私もマネジメントが下手くそすぎて、自分の思いがメンバーや部下に伝わらなく、悩みすぎた20代のころ、コンサルタントとして働いている友人に、自分の考えを半分泣きながら相談していました。するとその人が、“つまりこういうことを言いたいの?”と私の思考を整理して言葉に変換してくれました。

相談していくうちに、自分の思考回路もクリアになっていくはず。まずは、直接の該当者ではなくてもいいので、自分の考えを人に話すことから始めてみましょう」

胸に抱えている思いを自分のなかでとどめてしまうと、発酵してしまったり、堂々巡りになってしまうことってありますよね。何のためにどう伝えたらいいのか、考えるだけでなくアウトプットして思考を整理してみましょう。漠然とした思いが明確になり、次の一歩につながり、あなたの願望達成のスピードが加速すると思います。


経沢香保子/起業家
ナビゲーター
経沢香保子/起業家
リクルート、楽天を経て26歳でトレンダーズを設立。2012年東証マザーズ上場 。現在は、1時間1000円からスマホでベビーシッターを呼べるキッズラインを運営。
このナビゲーターの記事を見る