新時代の働き方を考える!変化に左右されず働き続けるために必要なコト

オフィス通勤が始まり、通常体制に戻りつつある企業もあるかと思いますがコロナ禍で働き方を見直す機会が増えたのではないでしょうか。なかには大きな打撃を受けて仕事が格段に減ってしまった業界や業種もあり、「今働いている会社でこの先も働き続けられるだろうか」と不安を覚えた人も多いはず。


そこで今回は転職サービス「doda(デューダ)」を運営するパーソルキャリアの大浦征也さんにアフターコロナの働き方や転職事情について緊急取材! すでに転職を考えている人も、そうでない人も、今後のキャリアプランについて考えてみませんか?

応用が効くスキルを持っている?

― 新型コロナウイルス感染拡大を受けて、 転職希望者は増えましたか。

今後のキャリアについて考える人は増えたと思います。リーマン・ショックのときとの違いは当時は転職せざるを得ない人が多かったため、分かりやすく増加しましたが、新型コロナウイルス感染拡大前からその頃に比べて転職が一般化していたため、以前から考えていた人も含まれます。

― 今現在、アラサー女性の転職希望者が、もっとも重視している条件は何ですか。また、どのような相談が増えましたか。

結婚や出産などのライフイベントに左右されず、柔軟に働き続けられる職場環境であるかどうかは常に求められています。もうひとつは安心して安定して働くために、自分が持つスキル自体に応用が効くかどうかということへの関心が高まっています。
例えば福利厚生が整い柔軟性がある会社に勤めていても、一部の業界でしか通用しないような極めて限定的なスキルのみを身につけている人は危機感を感じ始めています。働く場所が変わってもライフステージに合わせて働ける力を身につけようと意識する人が増えました。

このような相談は以前からありましたが、コロナ禍でよりいっそう意識が強まった印象です。またリモートワーク導入企業への転職や、副業や兼業を考え始めた人が多く、インターネット上の検索もかなり増えています。労働環境や会社のスタンス、普遍的なスキルに対する意識が変わったのだと思います。

― 上記のような相談に対して、どのようなアドバイスをされていますか?

長い人生のなかでのキャリアということで考えると、今回のような大きな社会現象に対してあまり右往左往しないほうが良いと思います。本当にご自身にとって今転職することが最適なのか、表面だけの条件で決めていないかどうか、まずは向き合っていただくようにアドバイスしています。

社会からの要請のもと、必要性に応じて会社の福利厚生や働き方などは変化していくもの。しかし自分のスキルは自分で能力開発していかなければなりません。環境が整っている会社に転職する選択肢もあるけれど、いろいろな会社を選べるだけのスキルを身に付けていくことが、アラサー世代には大切だと思います。

― 新卒・中途採用は減少するでしょうか。

残念ながら新卒の採用数を減らす企業が出ていたり、中途採用数も減っています。ですが2015年頃から売り手市場と言われるほど求人数が余り、人手不足状態だったので、減少したといっても求人がまったくないという状況にはならないのではないかと思います。

― 採用方法に変化はありますか。

新型コロナウイルス感染拡大を受けてオンライン面接を導入する企業が増えましたが、最終面接までオンラインでやりきる企業はまだ少ないです。ですが、今後は一度も会わずして内定を出す企業が増えるのではないでしょうか。

オンライン面接であれば地方から人材を集めることができ、企業だけでなく、地方在住の就活生や転職希望者の選択肢も広がりました。

また中途採用は働きながら面接を受けることが多く、平日の夜に面接時間を設けることが基本。スケジュールを調整しづらいことが課題のため、こういった問題の解決にもつながります。

自分を振り返り、オリジナルの強みを見つける

― 今後需要が高まると予測される職種は何ですか。

具体的な求人数の増加はまだ見受けられませんが、事業継続計画に関する職種は需要が高まるのではないかと考えています。災害などの緊急事態が発生した場合でも事業を継続出来るよう、平常時に行うべき活動や緊急時における事業継続計画を立てる業務です。東日本大震災のときにも注目されましたが、新型コロナウイルス感染症のようなパンデミックを想定していた企業は少なかったと思います。

例えば今は一等地に建つビルに入居することがトレンドになっていますが、ひとつのエリアに集中していることが本当にベストなのか——など、人員の配置やシステム構築など事業作りに対するニーズが高まると思います。総務、経理、人事などの管理部門もそれらにあたりますね。

― コロナ禍を経て企業からどのような人材が求められますか。

やはり「これしかできない」では今後働くうえで非常に厳しくなってきます。コロナ禍においても例えば「広報しかできません」という人はPRすることがなくなってしまい、この人数は必要ないのでは?という事態が生じた企業もあったと思います。でも広報のバックグラウンドがありながら、マーケティングもできれば強みになります。    

いつ何が起こるかわからない時代なので、精神的なタフさも求められると思います。この環境のなかで不安を感じながらも通勤せざるを得なかった方や、対面接客をしなくてはならない方もいたと思います。あまり環境によって振り回されすぎないメンタリティが重要です。

― 今すぐ身につけられるスキルはありますか。

「このスキルを持っていたら安泰だ」という時代ではありません。何かと何かの掛け合わせをしたときに、自分ならではの価値を見い出せるとそれが武器になります

例えば記者としてのヒアリングの力とライティングの力に加えて、好きなことや興味がある分野(カテゴリー)を組み合わせ、いかに自分ならではの記事が作れるかがスキルといえます。卓越したライティング力が未来を安定させるわけではないですが、自分ならではの何かと何かの掛け合わせを整理できることが武器になるのです。

自分自身のキャリアの棚卸しをしてみて、ひとつずつは人に誇れるものでなかったとしても、□□×◯◯は得意だな、▲▲×◯◯にはすごく興味があるなと気づくことができれば、実はそれが武器になります。スキルを磨いていく考え方もありますが、自分の中で組み合わせられる何かがいくつあるかを考えてみるのが良いかもしれません。

― 日本の働き方はどのように変化していくでしょうか。

会社に行くこと、会議に参加することなど、いろいろな当たり前が皆さんのなかで揺らいだと思います。一方で企業も個人もそれらの意味を考え、物の本質を考えるようになり、より無駄がなくなると思います。会社組織で働くことの意味も問われるため、プロジェクトベースで企業の枠を超えた取り組みが行われたり、副業・兼業も広まるでしょう。

けれど数ヵ月経ち、みんなが意識しなければ、何もなかったかのような日常に戻っている可能性もあります。今回のことをきっかけに企業や個人が変化を前向きに捉え、“働く”を考え直すことで働き方も変わっていくと思います。

― コロナ不況と呼ばれる状況で、持つべき仕事観や心構えを教えてください。

何のために働いているのか、どういう働き方が自分らしいのか——自分なりのスタイルで働くことが大切になってきます。常に変えていこうと前向きに思える力があり、自分にとって本当に大切なものが何かを理解しているとどんな状況下においてもブレない強さが生まれると思います。


いかがでしたか? 新たな日常が始まった今、改めて自身の働き方を見つめ直し、どんな環境でも活躍できる人材を目指しましょう!

お話を伺ったのは⋯

パーソルキャリア株式会社 執行役員/dodaエージェント事業部 事業部長 大浦征也さん

2002年、株式会社インテリジェンス(現社名:パーソルキャリア株式会社)入社。人材紹介事業に従事。法人営業として企業の採用支援、人事コンサルティング等を経験した後、キャリアアドバイザーに。転職希望者のキャリアカウンセリングやサポートに長年携わり、複数の部門の総責任者、営業本部長、事業部長などを歴任。2017年より約3年間、転職サービス「doda」の編集長を務める。2019年10月より現職。

GINGERweb取材班
ナビゲーター
GINGERweb取材班
アラサー女子の心と脳を活性化させるニュースからインタビューまで、見逃せない話題のあれこれを丁寧にレポート。あなたの“やる気”をアップする刺激的なネタが勢ぞろい!
このナビゲーターの記事を見る