♯おしゃれに働く アラサー女性のリアルワークを覗き見!④

普段なかなか知ることのない、アラサー女子の働く日常。発売中のGINGER11月号では、オンもオフも充実させている6人に密着取材しました。 第4回は、ラテスト表参道でバリスタとして活躍している信太美月さん(24歳)。“明るい笑顔に癒やされる!”とファンの多い信太さん。彼女のお仕事現場に潜入してきました!

お仕事スタイルはデニムが定番!

通勤スタイルがそのまま仕事スタイルになるので、動きやすさが最優先。もともとデニムが好きという信太さんは、毎日デニムで出勤しているそう。
「夏ならTシャツ×デニム。これからの季節はニットやサーマルを合わせることが多いです」
シンプルなスタイルには、アクセサリーが欠かせないそう。
「私は、断然シルバー派です。カジュアルなコーディネートが多いので、ハンサム見えのシルバーのほうがしっくりハマりますね。お気に入りをいくつか重ねています」

お仕事アイテムも自分流にアレンジ!

お仕事に欠かせないアイテムは、ポップなアレンジをプラスするのが信太さん流。「ピンバッジやステッカーを使って自分好みにカスタマイズしています」。

〈左〉別店舗で使用しているエプロンは、ピンバッジでアクセントを。「一番のお気に入りはセンターのバットマン。よ~く見るとコーヒーにまつわるジョークを言っているんです(笑)」
〈中・右〉常に持ち歩いているノートパソコンと、ドリンク作りにマストなMyピッチャー。「取材などのお仕事の依頼をメールでいただくこともあるので、ノートパソコンは欠かせません。さり気なくお店のステッカーも貼っています。バリスタそれぞれにMyピッチャーがあるので、わかりやすいように目立つステッカーを貼りました。実は底に大好きなスヌーピーが隠れています♪」

オフの日はアクティブ派!

信太さんの休日は家族や友人と過ごすことがほとんど。「お休みの日は外に出てリフレッシュしたいです。仕事の日は夜遅くなってしまってゆっくりする時間がないので、休日はなるべく誰かと予定を合わせて会うようにしています」

〈左〉フジロック・フェスティバルに行ったときのひとコマ。「朝早起きして早朝ランニングに参加しました。大自然のなかで行うランは格別!」
〈右〉夏休みは家族で伊豆大島へ。「待ちに待った家族旅行。こちらも自然を満喫できる伊豆大島へ。いい思い出になりました」

カウンター越しの出会いがやりがい

最後に“この仕事をしていてよかったと思う瞬間”について伺いました。

「接客業の醍醐味って“出会い”だと思います。カウンター越しで会話する時間が私にとってとても大切です。ここに立っていると、さまざまな業種の方と出会えます。初対面の人に話しかけるって普段の生活だと難しいじゃないですか。それがこのカウンターに立っているとできる。ここにいることで私の世界は格段に広がったと思います」。

楽しんで仕事をしているからこそ、誰かを笑顔にする一杯が生まれる。
信太さんの笑顔と美味しいラテを味わってみたい人は、一度ラテスト表参道に足を運んでみて!

GINGERweb取材班
ナビゲーター
GINGERweb取材班
アラサー女子の心と脳を活性化させるニュースからインタビューまで、見逃せない話題のあれこれを丁寧にレポート。あなたの“やる気”をアップする刺激的なネタが勢ぞろい!
このナビゲーターの記事を見る