眠り上手の秘訣はカバンにあり!? ~働く女子の「バッグの中身」

商品やサービスを通じてSpark(ときめき&ひらめき)を発信している、働く女性をクローズアップする連載『プロジェクトS 』。“S”はもちろん“ Spark yourself!”の頭文字です。商品制作の舞台裏や仕事に対する想いなどをインタビューしていきます。企画や研究開発に携わる同世代の彼女たちから、仕事を楽しむヒントやコツが得られるはず!

今回は老舗寝具メーカー、東京西川に勤める杉原桃菜さんと青木真理さんのお仕事バッグをのぞき見! 日々の持ち物にも“良い睡眠”へのヒントが隠れているかも!?

撮影/蓮見徹
取材・文/GINGERweb編集部

オンオフを切り替えられる厳選アイテムをIN

アロマミストやヒーリングソングなど、隙間時間にリラックスできるアイテムを持ち歩いている杉原さん。オンオフで気持ちを切り替えて、仕事もプライベートもバランス良く管理。

●ipad
通勤、帰宅時に雑誌や本を読むために持参。ファッション誌、インテリア、メンズ雑誌などから気分転換をかねて情報収集しています。

●ヒーリングソング
音楽プレーヤーにはヒーリングソングを収録しています。研修の休憩時などに流せるような音源(波の音や鳥のさえずりなどが入った癒やしのミュージック)を入れています。

●&Freeオリジナルブレンドアロマ
店舗で取り扱っているオリジナルのミストでリラックス。
朝の香り(グレープフルーツなど柑橘ベースの爽やかな香り)、夜の香り(ヒノキ、ベルガモットなど落ち着いたウッディな香り)を日によって使い分けます。

●ノート
手帳には仕事とプライベートの予定を記入しています。年初に立てた目標を書きとめたり、付箋(ふせん)やジムのスケジュールなど身の回りに必要なものをすべてを管理しています。

物量をセーブして、身軽に

持ち物を必要最低限に抑えた青木さん。ブルーのポーチには化粧直し用のコスメをIN。杉原さん同様、通勤時間や休憩中にはアロマミストや音楽でリフレッシュしているそう。ベーシックなデザインのアイテムはどんなシーンにも馴染みます。

●shiroのミスト
自分好みの香りに癒やされます。気分をあげたいときはこのミストに頼ります。

●思い出のタオルハンカチ
白いミニテリータオルは同期からのプレゼント。「MARI」と名前まで刺繍してくれました。大切に使っています。

●イヤホン
これだけは忘れたら困る!のがイヤホン。音楽を聴くことが習慣なので、通勤中も音楽は欠かせません!

お仕事バッグ選びのポイントは?

とにかく“軽さ”重視。移動も多く、荷物が増えることがあるので、なるべくバッグ自体の重さが軽いもの(いま愛用中のバッグはナイロン製)を選んでいます。また講演やイベントなど人前に立つ機会も多いので、カジュアルになりすぎないデザインでA4サイズが入るものを選んでいます。(杉原さん/写真右)

シンプルで飽きないデザインで、A4サイズが入ることが決め手です。今使っているバッグは留め具でサイズ調整することができるんです。機能性に富んだデザインのものは使い勝手がいいです。(青木さん/写真左)

GINGERweb取材班
ナビゲーター
GINGERweb取材班
アラサー女子の心と脳を活性化させるニュースからインタビューまで、見逃せない話題のあれこれを丁寧にレポート。あなたの“やる気”をアップする刺激的なネタが勢ぞろい!
このナビゲーターの記事を見る