アラサー女子発「人間関係事件簿」 日本各地のオフィスで、事件です!

こちらアラサー女子たちの悲喜こもごもを取り締まるGINGER警察署です。
今回、GINGER警察署に集まった事件ファイルは、転職理由の上位にある「オフィスの人間関係」について取調べを行いました。職場の悩みやストレスの主な原因が人間関係ともいわれるほど、これは闇深い現代の病ともいえます。この事態をさらに詳しく検証すべく、我々は独自の調査を重ねました。その聞き込み調査の結果の一部をご紹介しましょう。

※この記事はGINGER読者サポーターアンケートを軸に構成。名前・年齢はプライバシー保護のため仮名で入れております。

事件File No.004  上司にイラ。とんでも上司を捕えろ!

仕事ができて、人望も厚い上司のもとで働けることは勤め人として一生の憧れ。ですが全国各地のオフィスでは、理想の上司像とはほど遠い人物が多数目撃されていることが判明しました!  この報告を受け、非常に深刻な事態であると判断した我々は、事件の詳細について調査しました。

From Getty Image

「自分の好き嫌いで人事権を振りかざす部長がいるんです!  最近はというと、直属の部下のとある新婚女性が嫌いらしく、同じ社内にいる旦那さんを地方に転勤をさせて、女性をどうにか辞めさせようとしていました。人としても上司としても、まったく尊敬できないクズ上司です。お前が辞めてしまえ」
証言者:T屋さん(28歳)

「普段から仕事ができない上司が旅行のために長期休暇をとる前日。どこからどうみても自分の仕事が終わっていないのに『それじゃあ後はよろしくね♡』と言って帰ろうとしました。仕事を押し付ける気満々の態度に腹が立ち、機械のように淡々と残している仕事を指摘してやりました。 上司はその後、ふてくされた顔をしながら仕事をしていたのを見て、ざまあみろ!と心の中で呟きました・・・(笑)」
証言者:N村さん(30歳)

「社長が営業部長の女性とやたら仲がよいので、仕事がやりづらいです。毎日ランチに出かけたり、タバコ休憩の際は必ず誘っていたりするのはよく目にしていたのですが・・・。ある日、その女部長の直属の部下とその話になり聞いてみると、どうやら週3、4日は社長と女部長はふたりで退社し、経費でお高い店で美味しいものを食べ歩いているらしいのです。社長も部長も“経費節約”をすご~く口うるさく&細かく注意してくるのに! ちなみに、女部長はそのグルメっぷりをインスタにアップしていて、アカウントを見つけた部下たちはこっそりチェックして呆れています。本当に社員の士気が下がりまくりです」
証言者:H田さん(32歳)

「上司のお気に入りのお客様に『髪型変えた?』と言われたことがキッカケで、嫉妬によるパワハラを受けています。理由がくだらなすぎる!」
証言者:M間さん(27歳)

「今年の春先に転職した今の会社。面接の際に担当だった女性の営業の方に『妊娠の予定はありますか?』と聞かれました。不信感を覚えながらも『そういう質問は人事として不適切かと思いますが、あえて回答するならありません』と回答。いざ入社して5か月後に、例の質問をした女性が妊娠を発表しました! 予定日から逆算すると明らかに面接の時期に妊活をしていることが判明し、 妊娠したいがために他人にそんなプライベートな質問をするなんて、本当に信じられません!  社長にも報告しましたがお咎(とが)めはありませんでした・・・」
証言者:T田さん(28歳)

「仕事を任されて一生懸命こなしていたけど、私が作ったプレゼン資料などは、上司の名前ですべて会議に提出されていました。私の努力を盗まないで!!  最低です」
証言者:S谷さん(29歳)

「とにかく不潔な上司に辟易(へきえき)! あきらかにお風呂に入っていなかったり(自分で風呂嫌いだと言っている)、脇が黄ばんだシャツを着用していたりして、悪臭を放ちまくっています。ある日、支店内にお客様がいるにも関わらず、鼻くそをほじって書類につけ、さらにはその書類をそのまま回してくるなどの奇行を繰り広げていました。見かねた支店長が、お荷物な社員が配属される部署に異動になるよう、かけあってくれています。一刻も早く何とかして欲しいです(泣)」
証言者:K田さん(32歳)

「オジサンふたりの醜い争いを報告します。親会社から転籍した2名のオジサン。ひとりは部長、もうひとりはチームの課長のようなポジションです。このふたり、まったくウマが合わないようで毎日バトルを繰り広げていて、まわりの社員は大迷惑!  バトルの内容は、部長が課長を理詰めにしてとにかく詰めまくっているという構図。課長はそれに対して向かいの席の私に『もう辞めたい』『つらい・・・』『どうせまた部長に怒られる・・・』と愚痴をこぼしまくっています。私としては、『ペーペーの社員の私にそんなこと言わないで! 辞めたいなら辞めればいいのに』と言いたい気持ちです(言えないけど)。もうすぐ還暦になるオジサンたちが、こんな歳になってまでも大変だなと思います」
証言者:W谷さん(26歳)

「常務がプライベートを詮索しまくってきます・・・。私が独身時代には、SNSをすべてブロックしているはずなのにすべてチェックされ、ブログも読まれていました。結婚後も、旦那の職場や役職まで調べられていて、さらに最悪なのは、その話を酒のつまみに自分の派閥の人たちにまで話していることです!  本当に最低!!・・・ですが常務なので強く言えないのが悔しいです」
証言者:Y浅さん(34歳)

―――あまりにも酷い上司のオンパレードでしたが、その職場で頑張って働き続けるアラサー女子たちには表彰状を贈りたいぐらいです。証言者のなかには、いずれ将来的に上の立場につく人もいるでしょう。上記で挙げられたようなダメ上司にならないよう、彼らを反面教師にして、日々精進して参りましょう。

事件File.005  職場内恋愛から立ち上る不穏な空気・・・!?

職場という身近なコミュニティでロマンスが生まれるのは、もはや必然の出来事かもしれません。しかし、責任あるいい大人であるにも関わらず、不貞行為が頻発しているという報告があがりました。詳しく探っていきましょう。

From Getty Image

「同じ部署の男性(独身・正社員)と女性(子連れ再婚・派遣社員)が不倫をしています。最終的には女性の旦那さんにバレて、社内のいろいろな人を巻き込んで退職させられていました。いなくなってホッとしたのですが、不倫中はまったく関係のない私ともうひとりの同期の悪口を、散々まわりに吹き込んでいて、かなり嫌な扱いを受けていたので、せめて退職の時に謝ってほしかったです・・・!」
証言者:S永さん(28歳)

「社内恋愛をしている友人の話です。彼に突然別れを告げられ、泣く泣く彼女は別れたそう。のちにわかったことですが、実は社内にいる彼女の仲良しの女友達と二股をかけられていたんです!  大手企業だったので、その噂が広まり、結局居づらくなって辞めてしまいました。友人は何も悪くないのに、失恋した挙句に仕事まで失ってしまい不憫(ふびん)です・・・」
証言者:H水さん(27歳)

「転職先の会社で、私が入社する直前に退職したという女性が使用していたパソコンを引き継いで使うことに。操作していると、メールが削除済みのフォルダに残ったままでした。一応なかを覗いてみると、今となりに座っている上司との不倫メールを発見・・・! 内容はかなり生々しいもので、それ以来上司の顔がまともに見れないほどです。その上司は子供想いのいいパパと評判で、家族円満と聞いていたので、誰にも言えず、モヤモヤした気持ちだけが残りました」
証言者:Y口さん(30歳)

「社内恋愛中の彼がいました。彼とは上手くいっていると思っていたのですが、なんとアルバイトの女子高校生と浮気していたんです・・・!  別れるときに『このロリコン!』と思いきり罵(ののし)って別れました」
証言者:N柳さん(27歳)

――浮気に不倫。芸能界でも多発した事件でしたが、オフィスでもさまざまな不貞行為が頻発していると証明されてしまいました。ひとりの社会人、ひとりの大人として、人に迷惑をかけず責任感のある行動を心がけてほしいものです。

事件File No.006  先輩、あなたの背中を見て成長したくありません!

アラサー女子も社会人になって、はや数年。後輩も増えたものの、仕事を教えてくれた職場の先輩の存在は大きいというもの。ですが、まったく尊敬に値しない不届き者の先輩の存在が、あちこちで事件を巻き起こしていたのです・・・!  その具体的な被害例と、ホシの特徴的な人物像をファイリングしました。詳しく見ていきましょう。

From Getty Image

「アラフォー先輩が日々情緒不安定すぎて、毎日出社するのが恐怖です・・・。今日はご機嫌なのか、機嫌が悪いのか・・・まったく予想がつかないので、周りも憂鬱(ゆううつ)な気分に。1ヶ月くらいお休みをして落ち着いて欲しいです」
証言者:M宅さん(29歳)

「職場でいつもガムをくちゃくちゃ食べててうるさいし、隣に座ると吐き気がするくらい香水のにおいがキツい女性の先輩がいます。できることなら指摘したいのですが、その人自体はとても優しい方で、周りの人に相談するのも気が引けて、毎日悩んでいます」
証言者:I藤さん(31歳)

「もともとあったデータを流用して資料を作るように先輩に頼まれたので、引き受けました。内容を追加して社内資料を提出したら『社内資料をカラーで作るなんて資源の無駄で非常識!』と叱られました。もとのデータがカラーフォーマットで作ってあったからそのままにしたのに、なんて罠なんだ・・・」
証言者:N居さん(28歳)

「私はホテルの事務職です。勤続27年の男性の先輩がに困り果てています。仕事がまったくできず、やる気もなくて、入社5年目の私のほうが役職が上という状況です。ある日、その先輩がお客様に怒鳴られているところを発見。上司を出せと言われたので、私が仕方なく出て行くと『こんな若いお嬢さんにかばってもらおうなんて情けないと思わないのか!?』とさらに炎上。何とか私がその場を治めましたが、その後もまるで反省した様子もなく・・・。この人のせいで毎日胃が痛いです・・・」
証言者:M田さん(27歳)

――目の上のたんこぶ、とでも言いましょうか。相手が先輩であるがゆえに、気を遣わなければならない後輩の立場を思うと、どうにもできない、やるせない思いがこみあげてきますね・・・。被害者たちの健闘を祈るばかりです。

以上、世のアラサー女子たちから寄せられたリアル事件簿でした。
自分勝手な上司、社内不倫で関係のない人までを巻き込む同僚、まったく仕事ができない先輩――とさまざまなオフィスの困った人間模様が浮き彫りに。仕事とは、誰しもがそれぞれの理想や目的を持って働いています。その一方で、それを妨害するような行いは非常に許しがいものです。今一度、周囲だけでなく自分自身をも振り返ってみて、気持ちよく働くためには――ということを見直してみたいものです。

「人間関係、安全第一」以上、GINGER警察署からの報告でした。

GINGERweb取材班
ナビゲーター
GINGERweb取材班
アラサー女子の心と脳を活性化させるニュースからインタビューまで、見逃せない話題のあれこれを丁寧にレポート。あなたの“やる気”をアップする刺激的なネタが勢ぞろい!
このナビゲーターの記事を見る