「仕事が楽しい!」と思える、素敵な職場の共通点とは?

好きなことを仕事にしていたり、お給料がよかったり…。「仕事が楽しい」と思える要因はいろいろあるかと思いますが、何よりも重要なのは人間関係ではないでしょうか。同じ女性の、尊敬できる先輩がいるだけで、会社での居心地はぐっとよくなり、自ずと仕事も楽しくなってくるものです。

今回はGINGER読者の皆さんから寄せられた、「私の職場の先輩エピソード」をお届けします!

CASE:01 後輩のお手本となってくれる

「秘書1年目、急な来客や予定変更であたふたしていた私に、スケジュール調整のコツや会食によいホテル、手土産など、“仕事のスキル”を伝授してくれた憧れの先輩。以来ずっと見習っています」(30歳・秘書)

「元CAの先輩は、クライアントの特徴を瞬時につかんで、話し方や態度、話題などをフレキシブルに変える。いつもその柔軟性に感動しています。いろんなお客様とフライトをしてきたからこその能力だなと、心から尊敬しています」(26歳・コンサル)

お手本となる仕事ぶり、そして時間を費やして後輩をしっかり育ててくれる姿勢に、救われる後輩は多いはず!

CASE:02 後輩に対しても気遣いを欠かさない

「立場が上の人にも、臆せず話をする先輩がいます。しかも大きな仕事がちゃんと若手にも回ってくるように、後輩のよいところをアピールしてくれる。一緒に仕事をしていると、前向きな気持ちになれるんです」(28歳・IT関連)

「後輩が失敗したときのフォローが上手な先輩。常に『ミスしたときこそ、次に頑張れるきっかけになる言葉をかけてあげたい』と言ってくれるんです。私自身、何度励まされたことか・・・。いつか私もあんな先輩になりたいと思っています」(34歳・IT関連)

「私が新人のころ、失敗するたびに毎回フォローをしてくれた、35歳の先輩。ある夜、謝りのメールをしたら、翌日満面の笑みで、『迷惑だなんて思ってないよ、一緒に成長しよう』と。偉大な先輩です!」(27歳・建築関係)

“母のような包容力”は、後輩の支持だけでなく、異性からも求められる要素かもしれませんね。

CASE:03 実はプライベートも素敵❤

「入社時、『気合を入れるため、休みの日でもヒールを履く』と言っていた先輩の、意識の高さにびっくり&感動。年を重ねていくほどにおしゃれで、休日でも気を抜かない姿に背筋が伸びます。ぺたんこ靴&適当な格好で過ごしている自分を改めようと思いました」(29歳・アパレル)

「キャリアを重ねながら、ママ業を両立させている40歳の先輩。早朝からお子さんのお弁当を作ったうえ、完璧なルックスで始業前に出社する姿には驚きます。働きながら家庭を持つことの素敵さを教えてくれる、大好きな先輩です」(31歳・メディア)

一方で、絶対にこうはなりたくないタイプの先輩も・・・

Licensed by Getty Images

「基本的に手はおろそか。そのくせ口はずっと動いていて、部内の人の悪口と『なんでこの仕事、私がやらなきゃいけないの?』という愚痴の嵐。周囲のモチベーションを下げるその態度には、ひとつも見習いたいところがないです」(28歳・航空会社)

「会議のとき、ご自身の過去の成功体験を延々語る先輩がいます。役に立つ話ならいいですが、時代も変わった今、もはやそれは使えない内容・・・。常に“今”と向き合っていかねばと、反面教師にしてます」(27歳・マスコミ)

「後輩の企画にことごとくダメ出し。文句ばかりが饒舌な先輩がいます。じゃあ修正案を出してくれるのかと思いきや、代案はないし、『なんか違う』『ニュアンスがね・・・』って指摘も抽象的で意味不明。具体的に言ってよ!っていつも思います」(31歳・マスコミ)

今回のアンケート調査では、実に76%の人が「こんな人には絶対なりたくない!と思う先輩がいる」と回答。“素敵な先輩”って、本当に希少な存在なのかもしれません。


人の数だけ個性がぶつかり合うオフィス。でも、憧れの先輩がひとりいるだけで、職場の雰囲気は和み、チームワークも生まれ、すべてが順調に動き出します。素敵な先輩のいいところを存分に吸収して、いつか自分も後輩に「憧れます」と言ってもらえるようになりたいですね!

取材/河野友紀
イラスト/黒猫まな子

GINGERweb取材班
ナビゲーター
GINGERweb取材班
アラサー女子の心と脳を活性化させるニュースからインタビューまで、見逃せない話題のあれこれを丁寧にレポート。あなたの“やる気”をアップする刺激的なネタが勢ぞろい!
このナビゲーターの記事を見る