MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

MAGAZINE

2021年5月号
5月号 Now on sale
This is ME!

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

TIMELESSPERSON

2019.10.27

進化がとまらない!俳優・髙橋颯の新たなる挑戦の幕開け

アーティスト・俳優として活動の場を広げ続ける髙橋颯さん。そんな彼の新たなる挑戦で、集英社『週刊少年ジャンプ』に連載された、大ヒット漫画『DEATH NOTE』(原作 大場つぐみ 漫画 小畑健)をミュージカル化した『デスノートTHE MUSICAL』(通称デスミュ)にL(エル)役として出演!

髙橋颯

集中すると他のことが入り込めないくらいになる

前回のインタビューに引き続き、デスミュに対する意気込みや髙橋さんの今の気持ちを語っていただけました。

髙橋颯

―作品を象徴する楽曲「ヤツの中へ」のPV撮影はいかがでしたか?

「撮影中もスタッフの方にも『役に入り込んでるね!』と言っていただけたのが印象的でした。僕自身としては役に思いっきり入り込まないと演じられないタイプなんです。エルという役を演じることに集中すると、他のことが入り込めないくらいになってしまうので、甲斐くんと話すことも出来なくなってしまったくらい集中していました」

―どんな点に注目して新生デスミュを観劇してもらいたいですか?

「初演・再演と創り上げてくださったこの作品を大切にしつつ、新キャスト皆でさらに高みを目指していきますので、作品の持つメッセージを何かひとつでも感じて頂けたら、と思っています」

振り切った役にどんどん挑戦していきたい

髙橋颯

―新生デスミュへの意気込みをお願いします!

「ミュージカル初挑戦ということで、頑張るのはもちろんなのですが、やはり意識しているのはふたりのライトの存在です。甲斐くんのすごく努力している姿を見ているので、刺激になります。僕と同じミュージカル初挑戦で年齢も近いので、彼に負けず頑張りたいと思います! 村井さんと演じるときは、先輩のすべてを吸収して、一公演ごとに成長していきたいです」

―今後どんな作品やお仕事に挑戦していきたいですか?

「例えば、学園モノだったらどこか陰のある役だったり、すっごい変態だったり、ある意味振り切ったキャラクターをもっと演じてみたいです」

髙橋颯の喜怒哀楽な瞬間をスクープ!

髙橋颯

Q. 最近一番喜んだことは何ですか?
「ベタすぎるけど(笑)、今回の『デスノートTHE MUSICAL』に出演が決定したことです!」

Q. 最近ムカッとした出来事はどんなことですか?
「満員電車での出来事ですかね。自分が先に乗っていて、降りる人がいたから降りたんですよ。それで、後から乗ってきた人が先に乗ってしまって、降りて待っていた僕が乗れなくて『あっ・・・』て思ってムッとしちゃいました」

Q. 悲しかったことを教えてください。
「タピオカ屋さんに最近行ったんですけど、そこで『ストロー挿しますか?』と聞かれて『挿さない方いらっしゃるんですか?』と聞いたら、冷たい反応されたのが悲しかったですね・・・。よくよく考えると、その場ですぐ飲まずに持ち帰る人もいるから聞いてくれたってことに後から気付きました(笑)」

Q. 楽しいと思った瞬間を教えてください。
「いろいろあるけど、やっぱりいろいろなお仕事させていただけるのが楽しいです。たくさんの方とご一緒しながら仕事ができて、日々勉強になっています」

『デスノートTHE MUSICAL』チケット好評発売中!

デスノートTHE MUSICA

成績優秀な高校生・夜神 月(やがみライト)は、ある日、一冊のノートを拾う。ノートには、「このノートに名前を書かれた人間は40秒で死ぬ」とあった。それは、死神が退屈しのぎに地上に落とした“死のノート”(デスノート)であった。犯罪者を裁ききれない法律に、限界を感じていたライトは、ある日、テレビで幼稚園に立てこもる誘拐犯の名前をデスノートに書いてみる。すると、誘拐犯は突然、心臓発作で息絶えた。

「自分こそが神に選ばれ、犯罪者のいない世界を創る“新世界の神”だ」と、ライトはデスノートを使い、犯罪者の粛清を始めていく。世界中で犯罪者が不可解な死を遂げていく事件が相次ぐ中、インターネット上ではその犯人を「キラ」と呼び、称賛しはじめる。犯罪の数が激減する中、警察は犯人の手掛かりさえつかめないでいた。そこへ、これまであらゆる難事件を解決してきた謎の名探偵L(エル)が事件を解決すべく、捜査を開始する。

【2020年上演スケジュール】
東京公演 1月20日~2月9日 劇場:東京建物Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)
静岡公演 2月22日~23日 劇場:清水マリナート
大阪公演 2月29日~3月1日 劇場:梅田芸術劇場 メインホール
福岡公演 3月6日~8日 劇場:博多座

髙橋 颯(たかはし ふう)
1998年5月8日生まれ。埼玉県出身。2018年よりソロ活動を本格的にスタート。1st EP『WHITE』はiTunes総合アルバムチャートで4位を獲得。2nd EP『STEP』をリリースするなど、ソロシンガーとしての評価も高い。『デスノート THE MUSICAL』でL(エル)役として出演公式インスタグラムはこちら

https://horipro-stage.jp/stage/deathnote2020/

PHOTO=勝吉祐介(PEACE MONKEY)

PICK UP

MAGAZINE

2021年5月号

5月号 Now on sale

This is ME!

最新号を見る

定期購読はこちら

5月号 Now on sale

This is ME!

3月23日(火)全国発売のGINGER2021年5月号は、創刊12周年を迎える記念すべき号。特集テーマは「This is ME!」。表紙には美しいツーショットが発売前から話題をさらった川口春奈と横浜流星が登場。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる