MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

MAGAZINE

2021年5月号
5月号 Now on sale
This is ME!

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

TIMELESSPERSON

2019.02.25

ベッキーが語る、Myおしゃれバランス「髪を切って、幅が広がった」

おしゃれをしても、なぜかあの人みたいにまとまらない…。方程式を見つけるのが難しいファッションバランスを、おしゃれで評判のあの人から紐解きます。
今回は、「何歳になっても着たい服を着ていたい」という気持ちを、合わせ方とセレクトで 上手に昇華しているベッキーさん。センシュアルでヘルシーな着こなしに注目です。

年齢を重ねたからこそできる引き算ファッション

ベッキー

ニットワンピース¥23,000/ルシェルブルー(ルシェルブルー カスタマーサ
ービス) バッグ¥8,500/レイ ビームス(ビームス ウィメン 渋谷) ピア
ス¥22,000、パンプス¥36,000/ともにエンフォルド

「20代のころは脚を見せたいから出していたこともありました。できるだけ脚が長く見えるように高いヒールを履いたりして。

当時のトレンドだったということもあるけれど、大人になってくると、だんだん引き算になっていくというか。脚を見せるにしても、いやらしい感じにはしないでおこうと考えるようになったと思います。

今回のファッションも、チュールがあるからこそ、ミニ丈に勇気を持てるし、脚は露出しているけど、上半身はしっかり隠している。そのバランスが大事だと思います。

ヨーロッパに行くと、70歳くらいのおばあちゃんがミニスカートをはきこなしている姿を見かけます。その姿がカッコいい。露出をするなら上品に。そのマインドは忘れたくないですね」

狙いが伝わるように着こなしを工夫する

ベッキー

「髪を切ったことによって、スタイルの幅が広がりました。ハイネックを違和感なく着られるようになったし、若いころによく着ていた原宿テイストのスウェットも、大人がわざと着ていると見せられるようになった。

どこかに狙いを持ったコーデを楽しんでいて、例えばダボッとしたパーカに、マキシ丈のロングスカートというゆるさのあるスタイルも好きなのですが、そういうときはバッグを短めのクロス掛けにするなど、どこかを締めます。丸顔だから太っていると思われがちなのですが、締めることで、あえてそう着ていることが伝わるかなと。

この春は、チュールなど透け感のある素材の重ね着を上品になりすぎない組み合わせで楽しみたいと思っています」

服は毎日着るものだからこそ、“周囲からも素敵に見える”バランスにこだわって、おしゃれを楽しんでいるベッキーさん。心からファッションを楽しむことこそ、おしゃれの近道かもしれません!

※プライスはすべて税抜です。

PHOTO=江原英二(Astro)

STYLING=永田彩子

HAIR & MAKE-UP=YUMBOU(ilumini)

PICK UP

MAGAZINE

2021年5月号

5月号 Now on sale

This is ME!

最新号を見る

定期購読はこちら

5月号 Now on sale

This is ME!

3月23日(火)全国発売のGINGER2021年5月号は、創刊12周年を迎える記念すべき号。特集テーマは「This is ME!」。表紙には美しいツーショットが発売前から話題をさらった川口春奈と横浜流星が登場。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる