「ねえ、私に飽きてない?」意外なその理由とは…?: 結婚偏差値ノート26

「飽きられない女でありたい」そう願う人はきっと少なくないはず。お付き合いが長くなってくると、なんだか空気みたいな存在になってしまったように当初の盛り上がりは影を潜め、ふと不安になる…。
「ひょっとして私、飽きられてない?」
月間約600万PV、twitter約36万フォロワー(2アカウント合計)! 日本一恋愛相談を受けている大人気ブロガー DJあおいさんによる恋愛講座。
今回のテーマは「飽きられない女」とは。

今回は謎かけ!結婚偏差値65の問題です。

「美人でもブスでもない普通の女」と掛けまして、
「365日、年中夏休み」と解きます。さて、その心は?

Licensed by Getty Images

正解は「どちらも飽き(秋)がこないでしょう」でした。

それでは早速解説してみましょう! まず最初に、美人とかブスというのは外見のことではなく、内面を含めたトータルなものなので悪しからず。それを踏まえて、男性が飽きてしまう女性というのは「普通ではない女性」です。

想像を絶するほど高貴な女性だったり、常軌を逸するほど下劣な女性だったり、普通という許容範囲を超えた女性と付き合うと、初めのうちは刺激的なのかもしれませんが、次第に自分が思う普通とは掛け離れていることに白けて、飽きてしまうのです。

人は「普通」と思えることしか続かない生き物であり、普通こそが普遍的なものであり、良くも悪くもない「普通」と思える女性こそが、普遍的に愛せる女性なんです。男性にとっての理想の女性とは、とびっきりの いい女ではなく、実は至って普通の女性なんですよ。

ですから無理していい女にならなくていいし、自分の悪いところを必死に隠さなくてもいいし、どこにも力を入れずに普通の自分であり続けることが、生涯、相手の男性と共に生きていくための秘訣なのです。

ザ・リッツ・カールトンのスイートルームもいいけど、やっぱり我が家が一番落ち着くじゃないですか。ふかふかのお姫様ベッドもいいけど、やっぱりいつものお布団が一番よく眠れるじゃないですか。ハイブランドのスーツやドレスも素敵だけど、やっぱり着古した部屋着が一番楽じゃないですか。

人も同じで、情熱的に高熱にうなされているような気持ちよりも、平熱で普通に好きだという気持ちの方が心地いいじゃないですか。

普通の自分で普通に好きと思える人でないと恋愛は続かないものです。

恋愛においては普通こそが最高であり、普通こそが唯一無二の存在になるということですね。以上、DJあおいでした。


DJあおい/恋愛アドバイザー
ナビゲーター
DJあおい/恋愛アドバイザー
恋愛アドバイザー。twitterで独自の恋愛観を綴り、一般人としては異例のフォロワー約35万人(2アカウント合計)。ブログ「DJあおいのお手をはいしゃく」は月間600万PVを誇る。著名人のファンも多く、幅広い層から支持されている。著書に『想いよ、逝きなさい』(小社)など多数。新刊『だからね、「少し距離を置こう」は「もう別れたい」という、 優しい嘘なんですよ。』(幻冬舎文庫)が好評発売中。
このナビゲーターの記事を見る