鮭で生理痛を整えよう!フライパンいらずの「鮭のちゃんちゃん焼き」

多くの女性が抱えるお悩み「生理痛」。実は生理痛は「ない」のが普通というのはご存知ですか? つらい日はお薬の力を借りて乗り切る。そんな方も多いと思います。でも必ず次の月も痛みが繰り返される。それはその時の「痛み」を和らげているものの、体の内部にある原因の改善まで、アプローチができていないためです。
今回は生理痛のない体に近づけるための食材で作る、簡単レシピをご紹介します。 

生理痛の原因とは?

薬膳の大元となる中医学(中国の伝統医学)では、痛みの原因は
・足りていない
・通っていない
この2種類しかありません。つまりは生理痛も血が足りない、通らないことが原因。良質な血液をしっかり作り、サラサラと血流を流すことが大切になります。生理のタイプや痛みの出方などで人により原因はさまざまですが、今回はどちらも同時にケアできる食材「鮭」を使います。

女性の味方!鮭の効能とは

鮭には
・血を作る
・血を流す
生理のケアに大切な両方の働きがあります。また、そのほかにもパワーをつける、おなかを温めるなどの力もあるので、疲れているときや冷えの気になる方にもおすすめ。

体の冷えは巡りの悪さにつながります。寒いと川が凍ったり、寒い日の運動で怪我をしやすくなるように、体の内部も冷えていると動きが悪くなるのです。巡りの良さを作るためには、冷えないことも必須です。

フライパンいらず!鮭のちゃんちゃん焼き

【材料】
鮭のちゃんちゃん焼き(1人分)
生鮭 1切れ
しめじ 1/4株
キャベツ 2枚
長ねぎ 10センチ
コーン缶 大さじ2

[A]
・味噌、酒 各大さじ1
・みりん 小さじ2
・砂糖 小さじ1
・しょうゆ 小さじ1/3
・おろしにんにく 少々

バター 5g
塩、こしょう 各適量

1. キャベツは芯は削いで薄切りにし、一口大に切る。長ねぎはななめ薄切りにする。しめじは石附をはずしほぐす。鮭は塩、こしょうを振る。[A]を合わせよく混ぜる。

2. アルミホイルを30センチほどに切り、中央にキャベツ、ねぎ、しめじ、コーンを並べ、上に鮭をのせる。アルミホイルの淵を立ち上げ[A]を全体にかけ、アルミホイルを閉じる。(閉じ切らない場合は、開いている箇所に蓋をするようにアルミホイルをしっかりかぶせる。)

3. 900Wのトースターで15分、鮭に火が通るまで加熱する。食べる直前にバターをのせる。(魚焼きグリルでも作れます。その際は強火で10分ほど焼き、火の通りをみてみてくださいね)

★ポイント
・鮭は生鮭(塩味のついてないもの)を使っています。塩鮭で作りたい場合は途中で塩は振らないでください。
・蒸し焼きでふっくら火を通すので、ホイルはしっかりと閉じてください。
・もやし、ピーマン、人参など、好みの野菜でアレンジしてもOK!

包むだけで簡単なのでぜひお試しくださいね。

写真・文/齋藤菜々子

※次回の更新は9/20(金)の予定です。

齋藤菜々子/料理家・国際中医薬膳師
ナビゲーター
齋藤菜々子/料理家・国際中医薬膳師
料理家・国際中医薬膳師。IT企業で営業を経験後、料理家のアシスタントを務め独立。日本中医学院にて中医学を学び国際中医薬膳師を取得。「今日からできるおうち薬膳」をモットーに、身近な食材のみを使ったつくりやすいレシピにこだわり、家庭で毎日実践できる薬膳を提案している。東京・自由が丘にて料理教室を主宰。
このナビゲーターの記事を見る