DJあおい恋愛指南書:別れるときはお互いの同意は必要ない

大好きでキラキラしていた頃の思い出が汚れてしまうような気がして…。何とか上手に別れる方法はないものだろうか…。 何回繰り返しても、ツラいのが別れ。大人の恋愛だからこそ、別れ際はキレイでありたいと思いがちなのですが、どうやらその考え方自体が不幸の元のよう。人気ブロガー・DJあおいさんの新刊『想いよ、逝きなさい』を教科書に、恋愛思考を整理し直してみましょう。

優しい嘘は苦労の元になると心得て!

From Getty Image

 上手に別れる方法というと、ちゃんと会って話し合い、お互いの同意の上で何の遺恨もなく別れる――というようなものだと思うんですけども、そんなものは幻想なんですよね。
 恋愛における別れというものは残酷なものでして、付き合うためにはお互いの同意が必要なんですけども、別れというものに同意は必要ないんですよね。どちらかが「もう無理」と言ったらその恋愛はおしまいなんです。
 認める認めないの問題ではなく、認めなきゃならないのが別れなんですね。
別れ話で下手に同意を求めると「友達に戻りましょう」とか「嫌いになったわけじゃない」とか、同意を引き出すための「優しい噓」が出てきてしまうんですね。
 優しい噓ほど相手を執着させてしまうものはありませんから、上手に別れようとすると後々苦労してしまうものなんですよ。

 別れは一方的なものでいいんです。相手を納得させる必要もありませんし、場合によっては会う必要もないと思います。
 一切の情を切り捨て非情になること、それがお互いのために最も大事なことだと思います。


【関連書籍】

「別れはいつも突然だし、納得のいかないものなんです」
依存、失恋、未練、執着、復縁……
あなたの心を浄化するスパルタ格言79


DJあおい/恋愛アドバイザー
ナビゲーター
DJあおい/恋愛アドバイザー
恋愛アドバイザー。twitterで独自の恋愛観を綴り、一般人としては異例のフォロワー約35万人(2アカウント合計)。ブログ「DJあおいのお手をはいしゃく」は月間600万PVを誇る。著名人のファンも多く、幅広い層から支持されている。著書に『想いよ、逝きなさい』(小社)など多数。新刊『だからね、「少し距離を置こう」は「もう別れたい」という、 優しい嘘なんですよ。』(幻冬舎文庫)が好評発売中。
このナビゲーターの記事を見る