〇人に1人はセフレ持ち!? アラサー女性のセキララな夜事情を公開

セックスフレンド、略してセフレ。つまり性行為を主体とした人間関係のことを指します。これにはさまざまなパターンがあるようで、男女が友情関係の延長線上から発展するケースもあれば、男女(のいずれか)が恋愛感情を利用して都合の良い関係を結ぶに至るケース、はたまた恋愛感情も抜きにシンプルに性行為だけを目的として繋がっているケースの、大きく3つに分けられる模様。この実態について、正確な調査をとるべく、アラサー女性のリアルボイスを集めました。

※この記事はGINGERサポーターアンケート(今回の調査対象は600人)を軸に構成。名前・年齢はプライバシー保護のため仮名で入れております。

過去も含めて、今までセフレはいましたか?

約半数以上が、「過去も含めてセックスフレンドがいた」という結果が出ました。この結果をふまえ、「はい」と回答した方々がどんなきっかけで、”セフレ関係”に至ったのか、彼女たちのリアルボイスをみていきましょう。

「マッチングアプリで出会った男性と食事の約束をして、そのあとは流れでホテルに行きました。その後も何度か会っては必ずセックスする関係に。でもお互い、明らかに真剣に付き合う気はないとよね、という暗黙の了解がありましたね。それから他に気になる人ができたので、彼とは自然消滅しました」
A・Aさん(30歳)

「合コンで知り合った人と。最初のデートの日にセックスして、そのまま数か月セフレ関係でした。彼は車を持っていたので、終電がなくなったときに迎えに来てもらい、そのまま彼の家に行ったり・・・。彼の性格は普通に優しくて魅力的だったけれど、お互い縛られるのが嫌で彼氏彼女を作る気にならなかったんです。でもセックスの相性はよかったので、セフレ関係は約1年続きました」
H・Hさん(31歳)

「有名な選手ではありませんが、某アスリートの方と何度か。出会いは郵便物が間違って入っていたのが縁でお互いの名前を知り、むこうからSNSの申請が来て連絡を取り合うようになりました。アスリートだから遠征も多く、イケメンだったので、各地に女がいるんだろうなぁと割り切った関係でいました」
M・Mさん(29歳)

「史上最高にお互いに相性がいいと思った人と、長らくセックスフレンドの関係でした。しかも私の親友のお兄さんで、『バレたらヤバイ』というスリルもあって余計に燃えましたね。親友には今でも秘密にしていますが、もうすぐ親友の結婚式なのでお兄さんと再会します。楽しみやらドキドキやらで気が気じゃありません(笑)」
M・Kさん(29歳)

「彼氏がいない時期になると呼び出していた、友達に紹介してもらった彼。イケメンだし体もいいし尽くしてくれるけど、付き合うほどは話が合わないので、セフレにとどまっていました。でも、最終的に彼から猛プッシュされたので折れて付き合ったら、案の定すぐ大ゲンカして別れました・・・。こうなるなら都合の良いセフレのままがよかった」
R・Mさん(29歳)

「一番最近だと、元同僚のイケメンと。もともと同期で仲が良く、送別会で飲んだあとにそんな雰囲気になって関係を持ちました。むこうも私のこと可愛いと思ってくれていたみたいで。ぶっちゃけセフレというか、ダブル不倫状態だったんですけどね。でもお互いの配偶者にはバレていません」
S・Uさん(32歳)

――ほか、数々のリアルボイスを分析してみたところ、セフレ関係を続ける理由の9割を占めていたのが“お互いの体の相性の良さ”でした。
セフレという関係は、相互の承諾があって成立しているものなので、他人がとやかく責めるべきではありませんが、往々にして不倫や浮気などの当事者以外の人にも関連する事態に発展する可能性も高いようです。
幸せなセックスとは、本来は互いの愛情を確認するために行う究極のコミュニケーション。一度冷静になって、自分自身を振り返ってみる必要があるかもしれません。

以上、アラサー女性のリアルなセキララボイスでした。

★気になる人はこの記事もチェック★
セキララな夜の裏事情を丸裸にして大公開
彼や夫以外と…⁉体の関係を持ちたい女性は〇%も
絶頂経験アリのアラサー女性はなんと〇%!

★あわせて読みたい!
#恋愛 についてもっと詳しく知りたい

GINGERweb取材班
ナビゲーター
GINGERweb取材班
アラサー女子の心と脳を活性化させるニュースからインタビューまで、見逃せない話題のあれこれを丁寧にレポート。あなたの“やる気”をアップする刺激的なネタが勢ぞろい!
このナビゲーターの記事を見る