【人気インスタグラマー発】食欲増進、カラフル野菜の活用レシピ

こんにちは。ソトナカごはん担当のチナミです。
みなさんは日々のごはんでどれくらい野菜を食べていますか? 日本栄養士会が推奨している1日350g以上の野菜を摂取することは、容易なことではありません。そこで今回は、夏場の食欲を取り戻そうということで、食欲を増進するカラフル野菜を使ったレシピをご紹介します。オリジナル要素を交えながら、みなさんも野菜料理を楽しんでくださいね!

マクワウリのスライスサラダ

こちらは、今が旬の“マクワウリ”をお皿に見立てたサラダです。マクワウリは、薄くスライスしてピクルスにしてあります。お好みのお野菜を盛り付けたら出来上がり。
梨や林檎のスライスを乗せるのもおすすめです。梨にはブルーチーズを、林檎にはカマンベールをトッピングすると、味わい深さが増してさらに美味しくなります。
(ピクルス液材料:ワインビネガー、白ワイン、水、塩、砂糖、黒コショウ、白コショウ、クローブ、ローリエ、ディルなど)

グリーン野菜たっぷりの冷うどん

レッドオニオンとグリーン野菜の色合いが食欲を増進させてくれます。トッピング野菜のキュウリは、かつては「ほとんどが水分のため栄養価は少ない」とされてきましたが最近ではさまざまな効能があると見直されている食材の1つです。皮膚を保護したりガン予防にも効果があると言われているβカロテン、疲労を回復してくれるビタミンC、利尿作用があるカリウムなど、夏野菜の代表きゅうりは、疲れやすいカラダにとって強い味方なのです。

フラックスシードやゴマをたっぷりかけて、夏場不足しがちな栄養補給を心がけたいですね。風味豊かな香りとさっぱりとした口当たりで夏の定番メニューに。

ピリッと辛さが効くビビンバ丼

日差しが突き刺さるような暑い日には、ピリっと辛いものが食べたくなります!
野菜たっぷりビビンバ丼で、疲れたカラダをリフレッシュさせるのはいかがですか。ビビンバ丼のトッピングナムル材料はそぼろ、ねぎ、ニラ、もやし、人参、白ごまだけ。手軽料理で満腹感抜群なので時間がないときのメニューにぴったりです。

夏は始まったばかり。これからやってくる本格的な暑さに負けないように、体調管理に気を付けたいですね。彩り豊かな野菜を取り入れて、偏りがちな栄養バランスを整えていきましょう。


坂本ちなみ/料理研究家、フードライター
ナビゲーター
坂本ちなみ/料理研究家、フードライター
フードライター。旬野菜を使ったレシピ考案。野菜好きが高じて庭に畑を作る。野菜のお世話をしながら日々作っている料理をインスタグラムにて配信中。 著書「野菜のごちそう弁当」インスタグラムアカウント名@chinamisakamoto
このナビゲーターの記事を見る