スタミナ満点!暑い日は、肉巻きかぼちゃカレー@chinamisakamoto

幼いころによく食べていた野菜ゴロゴロの栄養満点カレーは思い出の味。特に私の母が作っていたものは、カレー自体が見えなくなってしまって、一見、野菜どんぶりか?と思わせるほどカレーが行方不明的なもの。最近よく見かける焼き野菜が乗っているおしゃれなそれとは違っていて、単に野菜をたくさん摂らせたい一心で作っていたかと思われます。その名残を受けてか、私もやはりカレーに何かしら野菜を乗っけるのが大好きな派に。「野菜 × カレー」については、実はおすすめしたいものが山ほどあるのですが、今回は絞りに絞ってジメジメした暑さを吹き飛ばす、超簡単かぼちゃの豚肉巻きカレーをご紹介したいと思います。お楽しみいただけると嬉しいです!

お肉の旨味とかぼちゃの甘みが絶妙!

①洗ったかぼちゃを5ミリ程度にカットします。(切りにくいデメリットはありますが、かぼちゃはぜひ硬くて重いものをお選びください)

②塩とオリーブオイルをサッとふりかけたあと、オーブンまたはレンジで火を通します。(皮にも栄養がたくさんあるので、皮付きのまま調理します。お好みで塩をハーブ塩やクミンパウダーにしても)

③粗熱がとれたら豚バラ薄切り肉を巻いて、茶漉(ちゃこ)しなどで軽く片栗粉をまぶします。(片栗粉は、肉がかぼちゃから剥がれにくくなるのと、肉を柔らかくするため、そして味が絡みやすくなるためです)

④炒め油を熱したフライパンで両面焼き色がつくまで焼いたら、塩こしょうで味を整えます。

⑤④をいつものカレーにトッピングすればできあがり。素材の味を生かしながら栄養も摂れる健康カレーです。見た目?? 少しぐらい不格好でも気にしません!

たくさん作っておいて常備菜にするのもおすすめです。照りタレで仕上げれば、お弁当のおかずにもぴったり。豚肉とかぼちゃの組み合わせで栄養も増加、皆さんの夏バテ防止メニューにぜひ加えてくださいね!

写真・文/坂本ちなみ


坂本ちなみ/料理研究家、フードライター
ナビゲーター
坂本ちなみ/料理研究家、フードライター
フードライター。旬野菜を使ったレシピ考案。野菜好きが高じて庭に畑を作る。野菜のお世話をしながら日々作っている料理をインスタグラムにて配信中。 著書「野菜のごちそう弁当」インスタグラムアカウント名@chinamisakamoto
このナビゲーターの記事を見る