21.42㎡の部屋でここまでできる!心地いい空間作りのコツ

思い立ったら、今すぐ部屋を素敵にチェンジしてみませんか? ここでは何を買うか、ではなく、どこをどう変えるのかをポイントに取材。
今回は、21.42㎡のお部屋に住む会社員の野中麻衣さんのお部屋にお邪魔しました。アイデアに満ちたおしゃれなaround25㎡の部屋をヒントに、癒やしの空間を作ってみて。

目につく場所にグリーンを

白だけの部屋ではつまらないと思い、大小のグリーンを。
「狭くても、心地いい部屋作りというのを意識しているので、家にいる昼間は必ずカーテン全開。またキッチンが白なので、それに合わせてベッドカバーも家電も白で統一し、圧迫感を軽減しています」

インナーカーテンをやめてみる

インナーカーテンがないから常に光でいっぱい。グリーンに光を当てたいから、外出時もカーテンは必ず開けているそう。
窓際には、よく使うマスキングテープをインテリアのアクセントに。「これは雑貨屋さんの真似です(笑)」

マガジンラックを小物置き場に

マガジンラックをはずして、思い入れがあり普段使いできる和食器を陳列。
「部屋に制限があるからなかなか遊びを作れませんが、好きなものは隠さず、見せるようにしています」

「見えているものはすべてインテリアになってしまうので、次にもうひとつ置くなら、何かを捨てています」と話してくれた野中さん。制限のなかで楽しむ空間づくり、真似してみては?

撮影/村松成美

GINGER編集部カルチャー班
ナビゲーター
GINGER編集部カルチャー班
仕事だけの毎日じゃモノ足りない、もっと自分時間を楽しく過ごしたい! 欲張りな大人女子のライフスタイルを充実させる、要チェックなカルチャー情報をいち早く紹介します。
このナビゲーターの記事を見る