DIYで叶えるおしゃれ小物収納術

アクセサリーなど、小さいものは紛失が多く、どうしまうべきか悩みがちなアイテム。面倒な小物収納について、プチプラアイテムでリメイクやセルフリノベーションを楽しむDIYクリエイター、長澤美千代さんにしまい方のアイデアを聞きました。
しまうためのグッズだけでなく、収納グッズを置く場所など、ちょっとした工夫で片付けはグンと楽になり、片付けが楽になると物を失くしてしまうことも減っていくのです。ぜひ生活のアイデアとして、参考にしてください。

ピアスなどは、飾る収納で愛着を持って

小さいピアスなどは、片耳だけなくしてしまうなど、紛失しがちなアイテム。アクセサリー作家さんから作品をもらうことが多いという長澤さんは、ピアスケースをDIYして、飾る収納にしています。
「アクセサリーは見えていてもインテリアになるので、あえてしまい込まず見せる収納にしています。お気に入りを飾るように楽しめば、それぞれに愛着が増して、失くしづらくなるのでは?と思います。¥100ショップのボックスで簡単にできるので、おすすめですよ」

サングラスや時計置場を玄関に設置することで忘れない

サングラスやメガネなど、出掛けるタイミングで見つからない!と焦ることはありませんか?
「動線に沿って置き場所を決めておくと探すことが減りますよ。私は、出がけに必要になることが多く、よく使うものは玄関に置いています。こちらも¥100ショップの材料を使った手作りです。ちなみに右に吊るしてある缶の中には印鑑が入っています。玄関に置いておくと、宅配便が来た時などに便利ですよ」

「裏はこんな感じにして、家族全員の分のキーホルダーにしています」

散らかりやすい室内の小物はボックス管理!

電源コードや部品の余りなど、あまり出番はないけれど、捨てられない細かいものは、置き場にも困るもの。長澤さんは、細かいものはボックスにまとめてスッキリと収納しています。

こちらは電源コードなどを入れたボックスで、下には工具箱を設置。
「実はこれも、¥100ショップで販売している木材やボックスをDIYしたものなんです。そこまで難しい作業でもありませんよ!」

お裁縫の端切れなどは、ボックスに収納。
「こちらも¥100ショップのものですが、部屋のイメージに合わせて蓋を黒く塗りました」

小物はしまい込まず、外に出しておくことも多いからこそ、部屋のイメージに合った方法で収納したいもの。どうしてもイメージに合うものがショップで見つからないときは、作ってしまうこともひとつの手ですよね。
DIYというとハードルが高く聞こえる人もいると思いますが、¥100均一の素材を使って簡単にできるものも多いそう。自分のアイデアで収納を考えるのも、また楽しいかもしれません。ぜひトライして!

撮影/阿萬泰明(PEACE MONKEY)

GINGER編集部ファッション班
ナビゲーター
GINGER編集部ファッション班
ファッションでも“自分らしく”を表現したい大人女子に向けたトレンドねたとアイデア満載。モテたい、でも人とは差をつけたい! そんな女ゴコロを満たす旬情報をお届け♪
このナビゲーターの記事を見る