素敵な部屋の作り方tips〜グリーン編〜

GINGER9月号では、東京、パリ、ニューヨーク、そしてインスタグラマーのおしゃれな部屋やこだわりを大公開。そこで見つけた素敵な部屋に近づく方法をいくつかおさらいしておきましょう。今回はそのグリーン編。

Tip1 グリーンは世界共通のホットインテリア!

©Sumiyo IDA

グリーンなど植物を上手に取り入れている人が、海外も日本もとても多かったこと!  広い部屋じゃないからと断念せず、ひとり暮らしの部屋にもグリーンを配置。花よりも手入れが簡単、しかも元気をもらえるグリーンにみんなが注目しているようです。たとえばパリの部屋で見かけたミニサボテン。複数飾ると可愛い!

Tip2 種類、色、形。好きなグリーンを見つけよう

©藤澤靖子

昨今、グリーンもいろんな種類が入手できるように。フリーランスのファッションディレクターの濱中鮎子さん宅にも珍しいグリーンがいっぱいありました。濱中さんは専門の方にグリーンの購入を依頼することもあるそうですが、ふらっと立ち寄った花屋さんでお好みのグリーンに出合うことも。

©藤澤靖子

種類はもちろんですが、濱中さんは部屋のどこに飾るかも考えて、グリーンの形にもこだわっているそう。

Tip3 何気ないグリーンをおしゃれに飾る

©Sumiyo IDA

珍しい植物や大きいグリーンを飾るのはなかなか難しいというのなら、比較的手に入りやすいグリーンをオシャレに飾ってみるのもおすすめ。観葉植物の大きさを合わせてみたり、同じ種類にしてみたり、等間隔に置いてみたりなど。ただ置いてあるだけでも癒やされるグリーンですが、選び方や配置にひと工夫。部屋のオシャレ度が変わってくるはず。

Tip4 グリーンをイキイキ飾る

あまりお手入れが必要ないグリーンのはずなのに、枯らしてしまう…。特に蒸し暑い日本の夏は、亜熱帯のグリーンにとっても過酷な環境なんだとか。グリーンも生き物。グリーンのある生活に満足せず、水やり、植替えと、グリーンと向き合う時間が心の余裕にもつながってくるのかも。
インスタグラマーの@tongarihouseさんは、グリーンの性質もしっかり熟知。水栽培、吊り下げなど、長持ちさせるため、グリーンがいかにきれいに見えるかまでも考えているそうです。

DIYが得意な@tarako_tenさんはグリーンの飾り方も個性派。フェイクグリーンも上手に合わせて、他にはないグリーンコーナーを完成させています。

Tip5 俯瞰グリーンは狭い部屋にも

©Sumiyo IDA

Instagramでよく見る、上から撮影した俯瞰(ふかん)写真。グリーンも上から見て可愛いものが気になります。比較的場所を取らないので、限られた空間、ひとり暮らしの部屋にも向いていそう。この手のものは、鑑賞用だけでなく、食べられるグリーンにも。

皆さんもぜひ、もっとおしゃれにグリーンと暮らしてみませんか。

GINGER編集部カルチャー班
ナビゲーター
GINGER編集部カルチャー班
仕事だけの毎日じゃモノ足りない、もっと自分時間を楽しく過ごしたい! 欲張りな大人女子のライフスタイルを充実させる、要チェックなカルチャー情報をいち早く紹介します。
このナビゲーターの記事を見る