お花見やピクニックのお弁当にも♪ インスタジェニックで簡単可愛い“WECK”ごはんレシピ

お花見やピクニックなど、春はみんなでワイワイとごはんを食べるのが楽しい季節。思わずインスタ投稿したくなるような、おしゃれごはんがあれば、その場がきっと盛り上がるはず! 今回人気インスタグラマー@chinamisakamotoさんに教えていただいたのは、ドイツのガラスメーカー「WECK」の瓶を使った2種類のレシピ。こんなに可愛くて、保存力もバツグンなのでとってもおすすめ。(編集部)

こんにちは、ソトナカごはん担当のチナミです。今回は、お気に入りのキッチンツール”WECK”を使った簡単料理をご紹介します。1900年に創立されたドイツのガラスメーカーWECK、食品の保存容器としてはもちろんのこと、耐熱性であるため直接オーブンなどで使用が可能、お料理の幅が広がりやすいのが最大の魅力です。また、お料理したあとそのまま食卓へ運べる豊かなデザインも優れもの。ぷくっと可愛いフォルムの、まさにその用途は無限大です! それではWECKを使った簡単料理をお楽しみくださいね。

華やぎWECK弁当

まずはWECKに大葉をひらり〜

底にごはんを入れていきます。湯がいた壬生菜(みぶな)に塩少々したものを細かくきざんでごはんと混ぜました。

カブのお漬物をまわりに飾ります。

ほうれん草と人参の卵焼きを入れて

最後に巻き寿司をかぶせると出来上がり。

巻き寿司は、海苔、薄焼き卵、大葉、酢飯をまいたもの。お花見シーズンにぴったりですね。人数分持参すると喜ばれますよ!

ほっこり可愛いWECKパイグラタン

いつものグラタンを作ります。今回は、リーフ型のマカロニを使いました。

容器の中にグラタンを入れていきます。

冷凍パイシートを1センチ×10センチほどにカットして編んでいきます。

編んだパイシートでふたをします。このとき、余分なパイは削ぎ落とします。

網目の部分にハケで卵黄を適量ぬり、200℃~230℃のオーブンでこんがり色がつくまで約10分程度焼きます。(オーブン時間は目安です。ご家庭でお使いのグラタン用オーブン時間を参考にしてください。)

いかがでしたか。アイデア次第で自由に楽しめるWECK、サイズや形の種類も驚くほど豊富です!ぜひみなさんも、一度手にとってその魅力をお試しくださいね!


坂本ちなみ/料理研究家、フードライター
ナビゲーター
坂本ちなみ/料理研究家、フードライター
フードライター。旬野菜を使ったレシピ考案。野菜好きが高じて庭に畑を作る。野菜のお世話をしながら日々作っている料理をインスタグラムにて配信中。 著書「野菜のごちそう弁当」インスタグラムアカウント名@chinamisakamoto
このナビゲーターの記事を見る