片思いの恋に効果的!? ドキドキLINE必勝テクニックPART1

現代のライフスタイルに欠かせないSNSツール、LINE。気軽にコミュニケーションをとれるからこそ、今までにない悩みが出きてしまうのも事実……。 でも上手く利用すれば、新たなときめきを手に入れることだって不可能じゃないのです。今回は片思いの相手に効果的に働くテクニックを、メンタリストのDaiGoさんに教えてもらいました!

【1】オープンクエスチョンをマスターしよう!

メッセージのやりとりは“オープンクエスチョン”を意識するの が最重要です。「○○に行きたくない?」と聞かれたら、「行きたい」か「行きたくない」の2択で答えることになります。これはクローズドクエスチョン。「休日出かけるならどこ?」こう聞けば Yes、No以外の答えを引き出せる。これができている人って案外少ないものです。一度自分のトークを振り返ってみましょう。

【2】メッセージは9時 or 19時に送れ!

相手がスマホを使っている時間帯を狙ってメッセージを送れば、返信確率は上がります。通勤中や帰宅途中はいいタイミングですね。もし相手のツイッターやインスタグラムで友達になっているのなら、つぶやきや投稿の時間に合わせてみてはいかがでしょう?

【3】アイコンはナチュラルが一番

気をつけてほしいのはアイコンをむやみに盛りすぎること。今は画像の加工技術でなんとでもなってしまうので、会ったときにアイコンと差がありすぎると、残念度合いが倍になってしまいます。この悪いギャップは盛り返すのが難しいので、ほどほどに(笑)。

【4】スタンプは相手テンションを確認

これは相手の出方が重要。たとえば相手がネコのスタンプを送ってきたら、同じくネコにする、といったように相手に合わせるとコミュニケーションがとれているな、と感じやすいです。

【5】タイミング、長さ、行数・・・・・・相手に合わせるのはもはや当たり前

メッセージの長さ、返信のタイミング、スタンプ の有無は相手に合わせるのが基本。トークルームで展開されたお互いのやりとりに統一感が出ているのがベストです。妙に長い文章や、細切れのメッセージは相手がそうならいいけど、女性から一方的になると面倒くさいと思われてしまいます。

ちょっとしたテクニックで相手に好印象を持ってもらうことは可能。
一方的にメッセージを送るのではなく、相手の負担にならないやりとりを心がけましょう!

GINGERweb取材班
ナビゲーター
GINGERweb取材班
アラサー女子の心と脳を活性化させるニュースからインタビューまで、見逃せない話題のあれこれを丁寧にレポート。あなたの“やる気”をアップする刺激的なネタが勢ぞろい!
このナビゲーターの記事を見る