恋人選び=車選び!? ハイスペ男子が求める“燃費のいい女”

「人生は長いドライブ」なんて表現をされることがあります。長いドライブをするにはいい車を選びたい、快適な運転で走りたいと誰しも思いますよね。 いい車にはいい女のヒントが隠されているのでは!?と思い至り、今回はそんな視点でのいい女論。 

車選びとパートナー選びに共通点が!

Licensed by Getty Images

先日、仕事現場で車談義になったとき、車のスペックについてひとしきり盛り上がったことがありました。購入を予定している男性がしきりに言っていたのが燃費について。お目当の車の燃費の良さがいかに驚異的にすごいかを力説。そこが購入の大きなフックになっているとのこと。

車に明るくない方のために触れますが、燃費とは一定の燃料でどれだけ走れるかの指標。簡単に言うと1リットルのガソリンで走ることの出来るキロ数のこと。より長く走れる車が燃費のいい車ってコト。ちなみにある統計によるといちばん燃費の良い車は1リットルで26km走れ、いちばん燃費の悪い車はたったの4.8km! 年間にかかる燃料代は4.3万円 VS 28万円なのだとか! そりゃ家計にも関わるし燃費が良い車の方がいいに決まってますよね。

「見た目も大事だけど長い目でみると内容をシビアに考えるよね! 燃費が大事‼︎」とのたまう男性。それを聞いたとき「ん、これってパートナー選びにも通じるコトでは⁉︎」ってふと思ったのです。ドライブ=人生、車=伴侶、重視点は燃費か・・・。

さてこの燃費、同じ車であっても運転の仕方で実は大きく変わってくるのだとか。その要素は“タイヤの空気圧”“路面状況”“オイルの種類”“積載重量”“走行パターン”。これらが良ければ燃費は向上する。
つまり心がけ次第である程度燃費は変えられるということ。これっていい車ならずいい女になるためにもすべて当てはまること!と気付いてしまいました。

適度な空気感が大事

Licensed by Getty Images

タイヤの空気圧。ベストなタイヤの状態は空気がパンパン過ぎてもヌケヌケでもダメ、適度な張り感を保つことが大事。
ひとに例えるとキリキリしてたり、バンバンにしゃしゃり出るような感じは威圧感があって引かれる、ダラダラと気が利かなかったりボケボケで空気が読めないのはウケが悪い。空気の入れ具合、読み具合は、車にとってもひとにとっても重要なポイント!

状況判断力は燃費向上に不可欠

Licensed by Getty Images

路面状況。走った道が凸凹の悪路だったり、天気によっても運転は左右される。これは不可抗力だけれども、悪路に即した運転をすれば燃費は変えられる。人生でも同じこと。思い通りにいかないことなんて沢山あります! その状況下で冷静に判断して対処すれば余裕も出て笑顔の状態もキープ出来る。スマートな運転と同じで、臨機応変にいつも自分をキープしているひとは周囲の人から見るとたいへん魅力的に映ります

潤いとなめらかさをもたらすものとは?

Licensed by Getty Images

オイルはエンジンの潤滑油。粗悪なものを使うとエンジン性能が悪くなって燃費も降下。酷いとエンジンがイカレて車が壊れるなんてことにもなります。安モノに走ったりすると怖い結果に。
良いオイル選び、これはひとに例えると食べ物の選び方に当てはまります。身体に良いものを食していると心身ともに健やかに。結果肌もキレイになるし、スタイルも良くなります。もちろん頭の回転にだって影響します
潤滑とは潤いがありなめらかなこと。女性にとって大切な要素ですよね。

過度な積載があるとエンジンの回転数にも影響、負荷がかかり燃費に影響します。重い車より軽い車の方がスイスイ走れるのは安易に想像できますよね?
ひとも然り。背負ってるものが多いひとは動きが鈍くなります。キレが悪くなると申しましょうか。仕事のこと、プライベートなこと、重い(気持ち?にさせる)荷物はひとまず少なくする努力を! 物理的に断捨離などでモノを減らすだけでも軽やかな気持ちになれます。スッキリした面持ちになると好感度はぐーんと上がります!

思考パターンは自在に操るべし

Licensed by Getty Images

走行パターン、ブレーキをかけるタイミングですら燃費に影響するのです。急ブレーキと急発進は燃費をもっとも悪くする行為。優しく運転することで燃費はうんと良くなるのです。
これはひとでいう思考パターンに当たります。気が短くて急ブレーキや急発進のような態度を取っていると、嫌がられます。思考パターン(モノの考え方、捉え方)は心がけや努力で変えることができます。カッとしない、突っ走らない。暴走しないように!って、こんな例えを日常でもよく使いますよね。精神的に安定した思考を持っている、当たり前だけど男女問わずこんなひとは誰からも好かれます
燃費のいい女、私は結構無敵に素敵なんじゃないかと思います(笑)。

文/青木貴子


青木貴子/スタイリスト
ナビゲーター
青木貴子/スタイリスト
ファッション誌、広告などで幅広く活躍する人気スタイリスト。著書『センスは「ある」ものではなく「磨く」もの おしゃれ方程式』(PHP研究所)では、役立つおしゃれハウツーを指南。お気に入りレシピと器について綴った料理本『友だちを呼ぶ日のごはん、わたしのごはん』(扶桑社)も人気。
このナビゲーターの記事を見る