ホームパーティーの料理テーマは何にする? わいわい系パーティー5選

気心の知れた仲間とパーティーするなら、やっぱりホームパーティー! 女子会ならなおさら、脱力系でのんびり語り合いたいところ。リラックスしてわいわい楽しんでいるうちに、内緒にしていた本音がポロリ。
料理名人の誰かが台所に立ちっぱなしで料理をして、参加できなかった…。なんてことを防ぐためにも、みんなで一緒に作って食べられるパーティースタイルがおすすめです。 大人数でも楽しめる参加型のパーティー料理をご紹介します。

やっぱり定番! 鍋パーティーをポットラックでスタイル

Licensed by Getty Images

どんなシーズンもパーティーの定番、お鍋。ホストが鍋の仕込みをして待ち受けるのもありですが、全員参加でさらに楽しむなら、ポットラックスタイルがおすすめ。

ポットラックとは、「持ち寄り」という意味。鍋のテーマを決めたなら、それぞれ手分けして材料を持ち寄りましょう。野菜担当、肉担当、豆腐担当、サプライズ具材担当①、②、お酒担当、おつまみ担当などなど。事前に、相談して持ち寄る内容を振り分けます。

具体的な中身は当日まで秘密! どんな鍋が完成するのかワクワク感も倍になります。

変わりダネをどんどんチャレンジ! たこ焼きパーティー

Licensed by Getty Images

一枚の鉄板を囲んでみんなでわいわいと! コロコロとひっくり返しているだけで盛り上がるのがたこ焼きパーティー。たこ焼きをメインにするなら、中身は定番のタコだけでなく、思い思いの具材を持ち寄ってみましょう。

チーズ、お餅、ベーコン、ウィンナー、ツナ、コーンなど色々な組み合わせでどんどんチャレンジ! 飽きてきたら、チョコレートやナッツでスイーツたこ焼きなんていかがでしょう? 

付けるタレも、定番のソースからしょうゆ、ポン酢、ガーリックソルトなどなど。アイデア次第で無限に広がります。

好き嫌いに左右されない! 手巻き寿司パーティー

Licensed by Getty Images

好きな具材をそれぞれの好みでセレクトできる手巻き寿司パーティーは、好き嫌いが気にならないので、お子様連れのパーティーにもおすすめ。

みんなで買い物に行けば、準備から盛り上がれます。例えば、土曜の午前中にちょっと築地場外へお散歩がてら買い出しなんていかがでしょう。
専門店の玉子屋さんも複数店あるので、小さめのものを複数買って味試ししても面白いですよ。

ホットプレートで一気に焼き上げる! 餃子パーティー

Licensed by Getty Images

準備が楽しいのが餃子パーティー。手分けしてたくさんの具材をみじん切りにしたなら、全員参加でおしゃべりしながら包んでいきましょう。定番餃子、野菜餃子、スパイスたっぷりアジアン餃子など、具にバリエーションを付けたなら、包む形も変えてみて。

包み終わったら、ホットプレートで大量焼きを! 焦げてくっつく心配もないので、お料理の腕に自信が無くたって大丈夫!

ビジュアルも良し! クレープパーティー

Licensed by Getty Images

ちょっと個性的なパーティーにチャレンジしたいなら、クレープパーティーがおすすめです。

ホットプレートで皮をどんどん焼いていき、お好みの具を乗せて巻いていきます。レタス+ツナ+マヨネーズ、チーズ+ハム+かいわれなどのおかず系も良し。ジャムとホイップクリーム、チョコレート+バナナのスイーツ系もよし。

英字新聞なんかを用意しておけば、包んで手で食べられるし、インスタ映えもしますよ♪

GINGERweb TOPICS班
ナビゲーター
GINGERweb TOPICS班
知っているとお得なモノゴト、働く女子が知っておくべきハウツー、賢く暮らすためのアイデアなど、多忙なアラサー女子の生活に役立つトピックスを楽しく、わかりやすく解説。
このナビゲーターの記事を見る