話題のプチリノベで叶えた、フリーPR ソネカナさんの理想のおうち

何かを表現したり、新たなものを創作したり…日々、感性を活かした仕事に携わる人たちは、自身のプライベートな空間にも一層のこだわりが反映されているはず。そこで、彼女たちの“暮らし”の部分から、秘められたセンスの素(もと)を紐解きます。
今回は、フリーランスのPRとして活躍し、GINGERwebの連載 オット弁当レシピでは料理センスの良さも披露しているソネカナこと曽根加南子さん。築30年以上のマンションを部分的にリフォームしたという曽根さん宅。今人気のプチリノベーション物件に潜入!

あえてズラリと並べて賑やかさを演出

「造りがひと昔前なので、そのムードにうまく合わせることをテーマにインテリアを考えました」

生活感のあるものを隠してきれいに見せるインテリアが多いなか、曽根さん宅はあえて見える所にアイテムを置くようにしているそう。それもきちんと理由があり、計算されたもの。

「物のない、ミニマムな空間への憧れもあります。でも、大切なのはこの家に似合うこと。殺風景だと寂しく見える家なので、多くのアイテムをちりばめています。あえて外に出して並べたり、壁に引っ掛けてみたり・・・ごちゃっとしているほうが、これまでの年月を感じるこの空間にしっくりきます」 

キッチン用品は基本、ずらりと並べて吊るす収納。

瓶や鍋もあえて外に出して見せて。
「複数並べることでインテリアとして見せることができるんです」

プチリノベで自分好みに近づける

そして、どこか温かみを感じるこの空間を作り上げている第二のポイントが‟プチリノベーション”。自分の好みに作り変えることができるからこそ、住む人のセンスの良さを垣間見ることができる空間。

「ペンキで色を塗ったり、ライトを設置したり、些細なことなんです。でもそれだけで雰囲気ががらりと変わるので面白い!」

土台の木板から指定した特注の洗面台。ミラーと洗面器は丸みのあるフォルムで優しげに。ミラーのウッドフレームもポイント。

憩いのスペースでもあるバルコニーにはIKEAのソファを設置。後ろにはグリーンを敷き詰め、ウッド板で目隠し用の壁を作製。


リビングに繋(つな)がるドアの枠はペンキでグリーンに塗装。植物の多いインテリアと一体化させて。

レトロなムードになじむヴィンテージインテリア

家具のセレクトも“温もり”がひとつのテーマになっているよう。

「この空間にはどんなテイストが合うのか…と考えたときにやっぱりヴィンテージ風かな、という結論に達しました。家と家具の年齢を合わせている感覚です」

「骨董市で見つけた瓶やキャンドルスタンドをインテリアとして使っています。昔のもの特有の風合いが好みです」

ダイニングテーブルセットはウッドで統一。

自分好みにするための手間をかけるか、かけないか――その労力の違いがセンスの差となって表れるのかもしれません。
素材の持ち味を最大限に活かし、自分らしさを演出する。それこそが、年季の入った空間を素敵に魅せるコツでした。

撮影/中垣美沙

GINGER編集部カルチャー班
ナビゲーター
GINGER編集部カルチャー班
仕事だけの毎日じゃモノ足りない、もっと自分時間を楽しく過ごしたい! 欲張りな大人女子のライフスタイルを充実させる、要チェックなカルチャー情報をいち早く紹介します。
このナビゲーターの記事を見る