ウエディングの引き出物の正解は? 最新トレンド「贈り分け」で感謝を伝える

ご自身のご結婚やお友達のご結婚など、おめでたい話があちらでもこちらでも!なのがGINGER世代。
結婚式といえば、センスの見せ場でもあるのが引き出物です。今回は、引き出物の最近の流行やオススメをご紹介いたします。

親御様世代は一律同じアイテムを選んだり、差が分かりにくいように包装形態を同じにするのがマナーとされていましたが、最近のトレンドは「贈り分け」です。大切なのは、忙しい中、時間を割いて式にご出席くださる方に、感謝の気持ちが伝わる品を選ぶこと。ワンブランドで、アイテムを変えて選んでも素敵です。
(ウェッジウッドPR 芦田)

お世話になっているご上司やご親戚には…

いまや家族よりも長い時間を会社で共有し、指導したり励ましてくれる上司。小さな頃から成長を見守ってきてくれたご親戚。口にしなくても、誰よりも貴女のご結婚を喜んでいます。何をもらっても「嬉しい!」と言ってくれるのは間違いありませんが、目が肥えた方々への贈り物は、実際のところ、気を使いますよね。 迷った時は、「伝統あるブランドの、持っていそうで持っていないもの」。これは、ストライクゾーンであることが多いです。例えば、ウェッジウッドの伝統柄を用いた和食器ならば、「和食を食べることが多くなった」と言う方にも毎日使っていただけることでしょう。ここぞの機会に日頃の感謝も込めて!

大好きな友人には…

馴れ初めから結婚まで、いろんな話を聴いてくれたお友達。悩んだ時にはアドバイスをありがとう。のろけも聴いてくれてありがとう!みんな喜んで披露宴に参列してくれることでしょう。・・・それはそれで、引き出物に対して厳しい評価をするのも、親しい仲ゆえ(笑)。
ここで気をつけたいのは、自分のお気に入りがお相手の好みとは限らないこと。あまり奇をてらうよりは、ニュートラルでありながら個性が光るもの、が正解です。 例えば、最近人気の「ワイルド ストロベリー ホワイト」。
ウェッジウッドの人気パターン「ワイルド ストロベリー」モチーフをエンボスで表現した新作です。特にボールは家ご飯にも使いやすく、海外でも最近のトレンドアイテムです。毎日使ってもらえると、贈った方も嬉しいですよね。

可愛い後輩ちゃんへ…

妹や弟のように気が置けない関係の、会社や学生時代の後輩ちゃん。いつも慕ってくれて、ありがとう。洋服や化粧品に興味が高くて、インテリアにはそれほど目が向いていない世代ですが、自分ではあまり手にしないものを贈るのも先輩ならでは。 例えば、英国王室御用達ブランドの食器なぞ。今年250周年を迎える「クイーンズ ウェア」の新作は、歴史を感じさせながら、同時にぬくもりもあり、食器ビギナーに喜ばれることでしょう。

自分達へのお祝いに

さぁ、大切な人達への贈り物選びはこれで終わり?いえいえ、最後に大好きなご両親へ、そして、自分達へ。
なかなか面と向かって感謝を伝えにくいご両親や、これからの大切な二人の時間のために、記念になる食器を選んではいかがですか。新作の「スウィート プラム ダマスク」のメインモチーフであるプラムの花言葉は“幸せな日々”。棚にしまうのではなく、ぜひ、毎日の食卓で。家での食事が楽しいと、毎日がいっそう楽しくなることでしょう。 このコーナーでは、季節に合わせたコーディネートや英国で人気の美味しいモノなどを、どんどん紹介していきます!お楽しみに(^^)


ウォーターフォード・ウェッジウッド・ジャパン株式会社
ナビゲーター
ウォーターフォード・ウェッジウッド・ジャパン株式会社
英国王室御用達ブランド「ウェッジウッド」は、“英国陶工の父”ジョサイア・ウェッジウッドによって、1759年に創設されました。常に新しいことに挑戦し、時代に先駆けた製品を生み出すことを夢見た創業者の精神は脈々と受け継がれ、歴史と伝統に裏打ちされた確かな品質で、ラグジュアリーなライフスタイルを提案しています。
このナビゲーターの記事を見る