オトナ女子力向上への道 『ダンディ未満の少年男子を増やさないで! 』〜不機嫌女子のぼやき〜

常日ごろから、男ってやつは!とか、(同性ながらも)女って恐ろしい…とか、ムッとすることって多々ある。 でもそれを上手に心の内に隠しながら、オトナ女子へと変貌すべき年齢になってしまったワタシ、アラサー26歳。でも、ちょくちょく現れる「少年の心」の持ち方をはき違えた男子にはひと言いいたいときもあるのです…。 

いくつになっても少年のままが許される国?

・子どものような笑顔(で厳しめの夢を語る男)
・少年のようにはしゃぐ(両手には うまい棒オトナ買い)
・趣味を追いかけ(ボーナスをほぼ使い切る)
・大学生なみに飲む(カラダが追いつかず派手に怪我)

そんな男子を見たこと(または聞いたこと)ありませんか。

ワタシは言いたい。
いつまでも少年のような心なんて持ってなくていいから、ダンディになれよ。と。

なんとなく日本って、男子の可愛さというか、少年らしさを褒めるきらいがあるように感じるんです。あえて、そうありたがる男子だっている。

JPOP界すら女子はオトナになりたい、オトナぶろうとしているのに、
かたや男子は少年心を忘れるな〜的な曲が多いと感じる。

まずオトナとしての対応が板についてから、
エッセンスとして少年らしさをプラスする。
そうすればオトナの男性としての魅力も引き立つ・・・。
(スイカに塩的な? ワタシは無塩派だけどね)

ともかく本来の狙いはそうだったのでは?と思ったりするのだけど
ダンディ未満男が増えちゃった理由は、ワタシたち女子にも責任があるのかもと思い始めた。

20代男子に向けた「子どもみた~い!」という謎の一言とか。
(もはや褒め言葉として使ってませんか、どうですか。なにそれとか言いつつ、これまた男性陣もまんざらではなかったりして苦笑もの)

前回も書いたように、人はそう簡単にオトナになんかなれないんだから
子どもみた~い、はそっくりそのまま“子どもである”ことがほとんど。
ワタシたちのちょっとした無意識の反応で、
勘違い男子を増やさないよう、ぜひ注意したいものです。

決してレディーファーストであれとは言わない。
本来の狙いを思い出してみたとき、
自分以外のことに時間やお金をかけたり、気遣いができるオトナが
もっと必要だと思う。
少年の心は意識しなくたって、そう簡単に消えないんだから。

とはいえ、これは男女ともに目指したいオトナ像なんだろうなぁ・・・(焦)。

イラスト・文/なまいちほ


なまいちほ/イラストレーター
ナビゲーター
なまいちほ/イラストレーター
ときどきイラストレーター・フォトグラファーとして活動中。現在は企業のクリエイティブディレクターを務めている。日常にぼやきながらも女子力向上を目指す、自称不機嫌のかたまり。1991年生まれ、美大卒。
このナビゲーターの記事を見る