蒸し暑い日はコレ!ごはんが進む、夏野菜の揚げびたし@chinamisakamoto

じわじわ暑さが増してきましたね。みなさん体調管理は大丈夫でしょうか? 今回の野菜を使った簡単料理は、夏にぴったりとっても簡単な「野菜の揚げびたし」です。洗った野菜を素揚げして、だしつゆに浸しておくだけ。味がしみ込んでお箸が止まらない美味しさです。

だしの旨味が溢れ出る、夏おかず

パプリカ、ズッキーニ、カボチャ、おくら、ししとう、ピーマン、アスパラガス、万願寺とうがらしなどなど。夏の野菜はカラフルで見た目も鮮やか。温めても冷やしても、とてもおいしいくて食欲が掻き立てられますね。では、旬野菜の中から素材を選んで、揚げびたしを作っていきしょう。

*食べやすい大きさに野菜をカットして水気を切っておきます。

そうそう、ラディッシュもおすすめです。素揚げにすると柔らかくなり、だしがどんどん浸み込んでいきます。コリコリした独特の食感がアクセントになり、食
欲を増進してくれます。

*ひたし地

だし汁  1と1/2カップ
みりん  大さじ2
醤油   大さじ1と1/2
酒    大さじ1
砂糖   小さじ2
生姜汁  小さじ1

*ひたし地材料をすべて合わせ、ひと煮立ちさせたら冷ましておく。170~180℃の揚げ油で野菜を素揚げし、しっかりと油をきってから、ひたし地に
30分~1時間ほど浸けて味をなじませればできあがり。

もちろん、茄子も美味しいです! 茄子は油をよく吸うので他の野菜に比べると、高い温度でカリッと手早く揚げるのがおすすめです。

ちくわやヤングコーンも同時に素揚げします。お弁当のおかずに役立ちます。

簡単野菜の揚げびたし、いかがでしたか。冷や麦やそうめんとの相性も良いので、暑い季節の常備菜として重宝するおかずです。ぜひ、作ってみてくださいね!

写真・文/坂本ちなみ


坂本ちなみ/料理研究家、フードライター
ナビゲーター
坂本ちなみ/料理研究家、フードライター
フードライター。旬野菜を使ったレシピ考案。野菜好きが高じて庭に畑を作る。野菜のお世話をしながら日々作っている料理をインスタグラムにて配信中。 著書「野菜のごちそう弁当」インスタグラムアカウント名@chinamisakamoto
このナビゲーターの記事を見る