うま〜い!行列ができるロブスターロールを自宅で!「シュリンプロール」レシピ

日本でもすっかりお馴染みのロブスターロール。もともとはボストン周辺にあるロブスター産地で食べていた地元名物だったのですが、次第にその美味しさが知れ渡り、アメリカ国内はもとより日本まで上陸しました。
そんなロブスターロール、夏が近づいて来るこの時期無性に食べたくなるのですが、家庭で再現するのはちょっと大変ですよね。そんな時、実はエビで作る「シュリンプロール」が、簡単に作れて想像以上に美味しいのご存知でしたか?  これからの時期ピクニックにも持っていけるし、重宝すること間違い無し。ニューイングランド風に海辺でピクニックをしながら食べるの、絶対オススメです!

「シュリンプロール」の作り方

レストランで食べるロブスターロールが美味しい理由は、実はパンをバターで焼いているからなんです。ピクニックに持って行く時は無理ですが、家で食べる時は一度試してみて下さい。お店の味に近づきます!

またピクニックに持って行く場合は、パンとエビは別々に持って行って、食べる時に盛り付けるとよりフレッシュ感が楽しめますよ。

材料:2−3人分
エビ、250g
セロリ角切り、1/2 本
ネギのみじん切り、大さじ2 杯
マヨネーズ、大さじ1 杯
パセリのみじん切り、大さじ1/2 杯
パプリカパウダー、小さじ1/4 杯
カイエンペッパー(一味でも)、少々
レモン汁、小さじ1杯
塩・胡椒、好みで
バター適量
ホットドッグ用のパン

作り方
1. エビを塩茹でしておく。

2. ボウルに1のエビとレモン汁までの材料を混ぜ合わせたら、塩・胡椒で味を調える。必要ならレモン汁、マヨネーズ、カイエンペッパーで酸味や辛味などを好みの味に調節する。

3. パンを切れ目から開いて平らにし、バターを溶かしたフライパンの上で両面焼く。

4. パンに2のエビを詰め、レモンのくし切りを添えてサーブする。

写真・文/ブライデン陽子


ブライデン陽子/料理研究家
ナビゲーター
ブライデン陽子/料理研究家
料理研究家。1991年に渡米。インテリアデザイナーとして数々のスペースを手がけた後、Yoko Design Kitchen を立ち上げる。ハーバード大学でリサーチアシスタントを務める他、 料理教室、レシピ開発など幅広い分野で活動。世界中を旅して得たルールに拘束されない自由な発想とスタイリッシュな料理が人気。
このナビゲーターの記事を見る