【モテ活の新提案】集めて日本一可愛いスタンプカードは、青山フラワーマーケットだと思う

いよいよ8月に突入しました!
夏休みに入った学生たちが、精一杯のおしゃれをして原宿や渋谷にたくさん出てきている様子を見ると、ああ夏だなあとしみじみ感じます。
中学時代のお気に入りブランドはLIZLISAな、東京アイツです。
真夏は、特に女の子同士の「最近どう?」が増える季節だと思います。
どれだけ楽しい夏を過ごせたか、SNS上はそれこそコンテスト会場みたいになっていて。
コンテストにエントリーするのも楽しいけれど、自分のペースで夏の楽しさを探し出せる女性になりたいなと、30代を目前に最近思うのです。
気の置けない女友達との、今度の女子会。
「最近どう?」に、いつもとちょっと違った切り口で答えてみませんか?

夏のSNSは、女子たちのコンテスト会場に

From Getty Image

ふとここ数年の夏を振り返ってみて。
夏休みの楽しい過ごし方って、同じ繰り返しのような気がしませんか?
BBQして、
浴衣着て、
水着着て、
フェス行って、
朝まで踊ってハメ外す日がちょっとだけあって…。
私自身がそうでした。

まるでチェックリストのように、思い出を埋めることに一生懸命になっていて、これが埋まる=夏を楽しんだ証拠、みたいな。
携帯のカメラロールを見返していたら、3年前と2年前、どっちがどっちか分からないのよね、笑。

27歳、去年のコピー&ペーストのような夏はもう過ごさなくてもいいかなって思って、今年は「ひとり時間」の過ごし方について目下研究中です。

根っからの仕切りたがりで、幹事も得意な私。
まずは、自分から夏の計画を立てることを辞めてみました。
そしたらね、まあ予定が埋まらないこと! 笑
笑っちゃうくらいにからっぽの土日を過ごしています。

「ひとり時間」を頑張ろうなんていってみたけれど、結局最初からひとりなんだなって、ほっとしたり落ち込んだり…。

お花を生活に取り入れると、ひとりが充実し始めた!

From Getty Image

ひとり時間を意識するようになってみて、新しい趣味を見つけました。
それが、お花屋さんに寄ること!

仕事が終わって、いつもの夏なら週4で飲み会直行だったのですが、今はほとんど予定もないので、運動がてら歩いて帰ります。
その途中に、青山フラワーマーケットが2店舗あるんです、渋谷と中目黒。
青山フラワーマーケットって、ディスプレイが1週間ごとに変わっていて、そのシーズンにぴったりのお花を教えてくれるの。
それがすごく楽しくて、5月頃からほぼ毎週顔を出すようになりました。

“おしゃれになりたいなら、たくさん洋服を買って失敗しなさい。”
たしかこういうおしゃれな人の格言があると思うのですが、お花も一緒だと思います。
買って、活けて、枯らして、また買いに行くサイクルを続けるうちに、コツとか、ひとり暮らしならではのコスパテクとか、ちょっとずつわかり始めてきました。

東京アイツ流、青山フラワーマーケットを使い倒す3つのコツ

その1:緑いっぱい+花1輪で、高見せ

断言します。
お店の人があらかじめ作ってくれているブーケも可愛いけれど、お花選びは断然、自分で選んだ方が楽しいしコスパいいです!
そうなると大事になってくるのが、グリーン。

青山フラワーマーケットのお店で、下の方や奥の方にこっそり置いてある、グリーンだけのバケツを見てみてください。1枝で270円とか、とてもお手頃な値段がついています。1枝とはいえボリュームがあるので、上手く切って活ければそれ一本でだいぶ見栄えもよくなります!

青山フラワーマーケットのすごいところは、グリーンミックスっていう、グリーンだけの花束もあるところ。これも安いしいっぱい入ってるし、超おすすめ!
ここに好きなお花1輪添えれば、なんと800円以下で、それはそれはもう立派な普段使いの花束が完成です!

個人的に、街角で摘んできたみたいなお花が好きなこともあって、この生け方、私のお気に入りです。

その2:スプレー花でボリュームを!

From Getty Image

スプレー花とは、ひとつの茎にたくさん小花が咲いているお花のこと。
お花屋さんの前に立ってカラフルな花を見ていると、カラーとかガーベラとか、1輪で可愛い花を選びがちなんだけど、家に持って帰って見るとかなり寂しい印象になっちゃうんです。

その点スプレー花は、家の花瓶でもたくさん活けてるように見えるのでコスパばっちり!
スプレー花っていう観点で選んだ結果、私はミニバラとかキク系のお花を買うことが多くなりました。SPって書いてるのはスプレーってことなので、これを選ぶべし!

その3:花瓶を2、3個に分ける

これは最近気づいたことなのですが、花瓶を分けてお花の活ける場所を増やすと、お花が視界に入る機会が増えて気持ちいい!

私の場合は、ベッドのサイドテーブルと、キッチンと、オーディオの近くと。
どの角度からも見えるし、お花たちも視聴率が高い方が長持ちしている気が、笑。
花瓶がない時は、いらなくなったワインのボトルとかペリエのボトルを洗って使います。
ラフな感じが生活感を漂わせて逆に可愛かったり♪ ね。

財布からチラリと見えるポイントカードが、いつかモテ活になる日まで…

From Getty Image

みなさん、ポイントカードって何貯めてますか?
ポイントカードって、そのままその人の生活が浮き彫りになるので、そこから意外性が垣間見えると魅力的だなと思うのです。
スーパーマーケットとか、英会話教室のポイントカードも、好感度高いモテ活のひとつかもしれませんね。
いつか私の財布から、チラリと見えた青山フラワーマーケットのスタンプカードを、「お、いいね」と思ってくれる人がいたらいいななんて、あざとい気持ちを持ち合わせつつ、これからもひとり時間を色々楽しんでみようと思います。

ということで、今日の最近どう?
「青山フラワーマーケットのスタンプカードが、もうすぐ貯まるんだ!」
ただ、いきなりこれ言ったら、狙いすぎてて怖いですね、笑。
お花が好きなんだという前置きがありながら、スタンプカードのくだりを差し込みましょう!
毎日毎日暑いので、無理して夏を楽しもうとせず、ゆっくりいきましょうね。
そして元気のないときこそ、お花で潤いを。

東京アイツでした。





東京アイツ
ナビゲーター
東京アイツ
東京生まれ東京育ち。 大手広告代理店を退社後、ベンチャー企業にて修行中。 27歳、山よりも高層ビルに癒されるタイプ。 魚座、女より男友達が多いタイプ。 好きな言葉は、タクシー初乗り410円。
このナビゲーターの記事を見る