これさえあればのオススメ調味料:トリュフ塩で決める!

使い方がわからないと敬遠している人も多い、トリュフ塩は、ただ振り掛けるだけでマンネリ化した毎日の料理にちょっとした魔法のエッセンスを加えてくれる、そんな素敵なアイテムです。トリュフの味を楽しみたいから、シンプルな料理や食材にちょっとかけるだけがベター。少し高いけど、ほんのちょっとでゆったりとした気分になれるから、是非チャレンジして欲しい調味料です!

市販のポテトチップスと

市販のポテトチップスやポップコーンにトリュフ塩をかけるだけですが、あっという間にゴージャスなおつまみに早変わり。なるべく塩気の少ない手作り風のポテトチップスを選ぶのがコツです。

スクランブルエッグに

ローマのホテルの朝食で食べて以来、とってもお気に入りの一品。生クリームや牛乳をほんのちょっと加えてふんわり仕上げたスクランブルエッグを盛り付け、上からオリーブオイルを少々。そして最後にトリュフ塩を散らします。パンと苦めのコーヒーと一緒にどうぞ。

バターをたっぷり塗ったトーストに

バターをたっぷり塗ったトーストにトリュフ塩を少々。これだけのことなのに、なんだかリッチな気分に浸れます。パンはクラストがバリバリっとしたバゲットがオススメです。お酒との相性も抜群なので、おもてなしの前菜としても重宝します。

クリームパスタに

混ぜるだけの簡単パスタなのに、最高のお味! 温めた生クリームをトリュフ塩で味付けし、茹でたパスタを加えるだけ。コクがあるから少量でもとっても満足いく大人のパスタです。好みで黒胡椒を引き、チーズをすりおろして、ワインを添えて、ジャズをかけて…ゆっくりしたひと時を楽しみます。

写真・文/ブライデン陽子


ブライデン陽子/料理研究家
ナビゲーター
ブライデン陽子/料理研究家
料理研究家。1991年に渡米。インテリアデザイナーとして数々のスペースを手がけた後、Yoko Design Kitchen を立ち上げる。ハーバード大学でリサーチアシスタントを務める他、 料理教室、レシピ開発など幅広い分野で活動。世界中を旅して得たルールに拘束されない自由な発想とスタイリッシュな料理が人気。
このナビゲーターの記事を見る