コンビニの材料でおひとり様用 美味ごはん 簡単豆腐レシピ

「太りたくないけど何か食べたい」「簡単に作れて体にいいものが食べたい」というときにもぴったりなのが豆腐料理。 帰り道のコンビニでも手に入る手軽さもまた嬉しいものです。 働く忙しい女子のバイブル『今夜も終電ごはん』(文 梅津有希子/料理 高谷亜由)より、10分以内で作れて、洗い物も少なめ、一皿で食べられるヘルシーレシピをご紹介します。

蒸し鶏とアボカドの白和え風

●材料(1人前)
もめん豆腐 100g
鶏ささみ 大1本
アボカド(1cm角に切る) 1/2個
細ねぎ(小口切り) 2本
レモン汁 少々
ごま油 小さじ2
塩 小さじ1/4

●作り方
1 ささみは酒、塩各少々(ともに分量外)をまぶして耐熱皿に置き、ふんわりとラップをする。電子レンジ(600W)に約1分かけ、裏返してさらに約30秒かける。とり出してそのまま粗熱をとり、こまかくほぐす。

2 豆腐はキッチンペーパーで包み、ぎゅっとしぼって水気をきる。アボカドはレモン汁をまぶしておく。

3 ボウルに豆腐をくずし入れ、スプーンの背でなめらかにつぶす。1、アボカド、ごま油、塩、細ねぎを加えてざっくりと和える。

●ポイント 
・小口切りのねぎはコンビニでも購入できる。
・レモン汁は市販の果汁を使うと手軽に作れる。

豆腐お好み 

軽い口あたりで深夜でも食べやすい、豆腐生地で作るお好み焼き。

●材料(1人前直径22cmのフライパン1枚分)
もめん豆腐 中1丁(200g)
卵 1個
キャベツ(千切り) 2枚
青じそ(千切り) 5枚
桜えび 大さじ1
かつおぶし 軽くひとつかみ 
ごま油 大さじ2
ポン酢しょうゆ 適量

●作り方
1 豆腐はキッチンペーパーで包み、ぎゅっとしぼって水切りをし、スプーンの背でなめらかにすりつぶす。卵、キャベツ、青じそ、桜えびを加えて混ぜ合わせる。

2 フッ素樹脂加工のフライパンにごま油をよく熱し、1を丸く流し入れ、強めの中火で3分焼く。弱火にして2分、フライパンのふたにすべらせるように移してから裏返し、強めの中火にしてもう3分焼く。

3 器に盛り、ポン酢しょうゆをかけてかつおぶしをちらす。

●ポイント
「テフロン®」などフッ素樹脂加工のフライパンを使い、油を多めにひいて焼く。

梅津有希子
ナビゲーター
梅津有希子
編集者・ライター。1976年、北海道出身。雑誌編集 者を経て2005年に独立。現在、webや雑誌、書籍を中心に、食、暮らし、ペット、発信力、高校野球応援など、自身の経験からおもしろいと感じたことを追求して、さまざまなテーマで執筆や講演を精力的に展開している。著書に『だし生活、はじめました。』(祥伝社)、『吾輩は看板猫である』(文藝春秋)、『ミセス・シンデレラ 夢を叶える発信力の磨き方』(幻冬舎)、『高校野球を100倍楽しむ ブラバン甲子園大研究』(文藝春秋)などがある。
このナビゲーターの記事を見る