プロ級春のおもてなしに!簡単「バルサミコリダクション」レシピ

長かった冬も終わり、すっかり春ですね。こもりがちだった週末も少しずつ活動的に、そして煮物や鍋料理が多かった食卓も少しずつ鮮やかになるこの時期。ちょっとしたおもてなしや、いつもよりスペシャルな料理を作ってみたくなる季節でもありませんか?

今回はそんな今の時期にオススメの調味料「バルサミコリダクション」を紹介します。バルサミコ酢を煮詰めてとろみをつけただけなのですが、いつもの一品があっと言う間に素敵にそして美味しく出来上がります。

「バルサミコリダクション」の作り方

●材料
蜂蜜大さじ2杯
バルサミコ酢1カップ

●作り方
蜂蜜とバルサミコ酢を小さめの鍋に入れ、とろみがつくまで強目の弱火で煮ます。スプーンですくった時に、ゆっくり流れる感じ(半量以下)です。

使い方1:カプレーゼ

やはり一番人気の使い方は、カプレーゼでしょう。トマトとモッツァレラチーズの上にオリーブオイルとバルサミコリダクションをかけ、バゲットとワインを添えたら、これだけで立派な夕食です。カプレーゼ以外にも好みのサラダの上にかけて使ってみてください。

使い方2:ピザトースト

焼き上げた市販のピザやピザートーストの上に、少しかけてみて下さい。いつものピザがあっという間にオシャレな味に早変わり!

使い方3:グリル野菜

アスパラ、ズッキーニ、カリフラワー、ジャガイモなどグリルした野菜との相性が抜群です。写真はアスパラのグリルにフェタチーズを散らしてバルサミコリダクションをかけたお気に入りの一品で、ソースのほんのりとした甘さとチーズのクリーミーさが、アスパラの味をより一層引き立ててくれます。

使い方4:イチゴとアイスクリーム

バルサミコ酢とイチゴは相性が良いことで知られていますが、もっとオススメは、バニラアイスの上にイチゴを乗せバルサミコリダクションをかけたデザートです。とても美味しく見た目にも可愛らしいので、春のおもてなしにぴったりの一品です。

文/ブライデン陽子


ブライデン陽子/料理研究家
ナビゲーター
ブライデン陽子/料理研究家
料理研究家。1991年に渡米。インテリアデザイナーとして数々のスペースを手がけた後、Yoko Design Kitchen を立ち上げる。ハーバード大学でリサーチアシスタントを務める他、 料理教室、レシピ開発など幅広い分野で活動。世界中を旅して得たルールに拘束されない自由な発想とスタイリッシュな料理が人気。
このナビゲーターの記事を見る