人気インスタグラマーオススメ!真夏のダイエットメニュー

真夏日が始まり、食欲不振になっていませんか? 夏バテや、ダイエットを理由に食事を抜いたりしたら、逆効果。はたまた、刺激の強い食事ばかりだと、胃は疲れてしまいます。そんなときに、オススメのメニューが「お粥」だそう! なぜお粥がこの時季のダイエットメニューなのか、人気インスタグラマーの@chinamisakamoto さんにオススメお粥とともに教えてもらいました!(編集部)

ダイエットに腸内デトックス、美肌にもイイ!

こんにちは。ソトナカごはん担当のチナミです。
今回は、暑い夏こそおすすめしたい「お粥ダイエット」について。
暑い日が続くと、ついつい冷たいものを食べてしまいがちですが、からだは本来、体温を上げることによって免疫力を高めたり代謝を促したりしていますよね。
そこで、1週間に数回だけ、食事をお粥に換えて、強くて太りにくい体を手に入れましょう。

お茶碗1杯のごはんをお粥にかえるだけで、炭水化物の摂取量を減らすことができます。
水分で膨れたお米は、満腹感たっぷり。おまけにカロリーはごはんの半分です。
また、あったかいうちに食べるお粥は体内の代謝をよくしてくれるので、一緒に食べた野菜の栄養も吸収しやすくなります。

更に昔から、お粥は体脂肪が燃えやすくなり、腸の掃除もできる食品として取り上げられてきました。お粥は長年溜まった老廃物の排泄を促し、腸のデトックスをするという点でもダイエット効果につながります
お肌の調子が良くない、慢性的な便秘体質という方はぜひお試しくださいね。

飽きずにおいしい!野菜のお粥レシピリスト

かぼちゃと胡桃のお粥

βカロチンやビタミン類が豊富なかぼちゃ、一緒に煮込むと栄養効果抜群に。
かぼちゃに含まれるビタミンC、A、Eは、いずれもお肌や粘膜の調子を整えてくれます。
(重湯)

コーン粥

香港で食べたお粥があまりにも美味しすぎて、思わず店主に作り方を教えて欲しいと
お願いしたところ「うちのお粥は6時間以上煮込む」という説明がありました。
6時間とまではいきませんが、こちらは3時間ほど煮込んでとろとろになったコーン粥。
とうもろこしは、食物繊維がとっても豊富。また、脂質の吸収を抑える働きや、便秘予防・コレステロール値の吸収抑制に効果があります。(三分粥=米1:水20)

梅干し粥

梅干のクエン酸が唾液の分泌を促進し体内の消化器官に刺激を与えます。また、
汗をかいて失われた塩分補給、疲労回復、抗菌、防腐作用もあります。お粥は、ごはんより噛む頻度が低い分、唾液の分泌が減りがちですが、梅干しを摂ることにより改善されるので、からだが弱っているなと感じたら梅干し粥がおすすめです。(五分粥=米1:水10)

七草粥

1月7日の朝、新年の無病息災、豊年を願って食べる七草粥。(米1:水5)

さつまいも粥

各種ビタミンやミネラル類が豊富に含まれたさつまいも。セルロース・ペクチンなど、
食物繊維が非常に多く含まれているのが特徴です。リノール酸、アラキドン酸などを
含む善玉の必須脂酸黒ゴマと合わせて。

卵粥

風を引いたときには、アミノ酸が豊富な卵粥を。免疫力を高めてくれます。

いかがでしたか。ぜひ、栄養を吸収しやすいお粥を食べて
暑い夏を乗り切ってくださいね。


坂本ちなみ/料理研究家、フードライター
ナビゲーター
坂本ちなみ/料理研究家、フードライター
フードライター。旬野菜を使ったレシピ考案。野菜好きが高じて庭に畑を作る。野菜のお世話をしながら日々作っている料理をインスタグラムにて配信中。 著書「野菜のごちそう弁当」インスタグラムアカウント名@chinamisakamoto
このナビゲーターの記事を見る