【12星座別】2020下半期の恋愛運 ~おひつじ座・しし座・いて座~

フォーチュンアドバイザーのイヴルルド遙華さんによると、今年12月に約240年ぶりの星の大革命が起こり、“風”の時代に突入。そのため、2020年の下半期は“風の時代を生き抜く力”を備えるのが重要になってきます。


そこでこの記事では、「火のエレメント」おひつじ座、しし座、いて座の恋愛運について解説したいと思います。

イラスト/sino

おひつじ座・・・「ドキドキの不意打ちがありそう」

恋愛面ではドキドキの不意打ちがありそう。仕事が上手くいかなかったときに相談に乗ってくれた同僚や後輩、敵対していたあの人など、思いもよらなかった人と恋につながりそうです
カップルは、彼が急にバックハグなんてことも。べったりの恋愛という感じではありませんが、この時期に落ち込んでいるあなたを支えたいと思ってくれているはず。

下半期は仕事のことで頭をいっぱいにせず、恋愛と向き合ってみると人生の調整やリセットができます。心地がいいと思うのは、仕事50%、恋愛50%の黄金バランスのとき。誰かをうらやましいと思うのは動くサインです。


しし座・・・「せっかくの幸運期を取りこぼさないように」

9、10月は愛の時間に集中を。いい恋ができるか、いい関係性を築けるかは、ここでの過ごし方が影響してきます。家族に彼を紹介したい、婚活したい人は、この時期に予定を入れると順調に進めそう。

ただ、仕事が忙しい時期と重なるので「気が付いたら愛の幸運期をやり過ごしていた!」と、悔いる場面があるかも。せっかくの幸運期を取りこぼさないように。
相性のいい人は楽しませてくれる人、ストレスをシェアできる人。自分に似た相手を選ぶのが長く続かない原因のよう。だってあなたは尻に敷く恋しか似合いませんから。結婚相手は、自由奔放なあなたを包んでくれる人が理想です。


いて座・・・「2020下半期の恋愛が未来を左右する」

恋をする準備はできていますか? 下半期の恋愛はあなたの未来を左右します。いろいろと大忙しのいて座ですが、ここで真剣に考えないといけません。心配してくれる人、頻繁に連絡してくれる人はいますか? 落ち込んでいるときに一緒に過ごすと、エネルギーがもらえそうです。また、その人が運命の相手かも。
12月にはモテキ到来! ただこのとき仕事の比重も大きくなるので、それに引っ張られてしまう可能性大。「当たって砕けろ」のいて座イズムで恋愛も疎かにしない、あきらめないと心に誓って

カップルはおしゃれをしてデートを楽しみましょう。行動範囲を変えてみると発見があります。


今こそ、ピンチをチャンスに変える生き方を知るときです。
イヴルルド遙華さんの愛が詰まった言霊にパワーをもらって、2020年下半期の一歩を踏み出しましょう!

GINGER編集部カルチャー班
ナビゲーター
GINGER編集部カルチャー班
仕事だけの毎日じゃモノ足りない、もっと自分時間を楽しく過ごしたい! 欲張りな大人女子のライフスタイルを充実させる、要チェックなカルチャー情報をいち早く紹介します。
このナビゲーターの記事を見る