【熟睡】セルフケア 今すぐ始められる40のアンチエイジング法

アンチエイジングと言うと、化粧品などのアイテムから研究しがち。でも、安定感のあるキレイを手に入れたいなら、こだわりたいのが実は「睡眠」なのです。しっかり良質な睡眠を取れているかどうかで、肌のキメや透明感は圧倒的に変わると言われています。 SHIHOさんの最新刊『SELFCARE セルフケア 今すぐ始められる40のアンチエイジング法』から、キレイを作る「熟睡」のコツを学びましょう。

寝始め3時間が勝負。睡眠は長さより、質

 美肌キープに「睡眠」は外せないキーワード。睡眠不足は、美しさの分かれ目だなと、年を重ねるごとに実感します。
 毎日、質のよい睡眠がとれていると、肌は生き生き! ゆっくり休んだ翌朝は、キメ細かく、透明感やツヤ、ハリのある状態が戻ってきます。
 睡眠不足になると、肌へのダメージに直結。顔色がくすんでクマが出たり、毛穴が開いたり、乾燥してシワっぽくなったり。……肌って正直だっていつも思います。
 でもただ眠るだけじゃない。美肌のための睡眠は、長さではなく質です!
 肌の再生を促してくれる成長ホルモンはノンレム睡眠=眠り始めて3時間程度の深い眠りの中でたくさん作られるといわれています。
 睡眠中は、ノンレム睡眠とレム睡眠を繰り返しますが、美肌への道は、ノンレム睡眠にいかに早く深く入り込むか、です。
 夜10時~2時のターンオーバーが活発な時間を考えると、寝始めの3時間が勝負! 遅い時間の就寝やダラダラ長く寝ても成長ホルモンが分泌され続けるわけではないので、睡眠リズムに合わせて眠ることがポイントです。
 また、同じだけ寝ていても、深い眠りと浅い眠りでは、美肌への効果も違ってくるので、質のよい深い睡眠をとるよう心がけて。質のよい深い眠りとは、交感神経を副交感神経に切り替えて、全身や脳もすっかり休ませてあげる眠り。
 私はいつでもどこでもすぐに熟睡できる体質だったのですが、出産を機に眠りが浅くなり、夜中に目が覚めたり、あまり熟睡できないようになってしまって。そこから工夫をいろいろするようになりました。子供を見ていると、さんざん遊んでいると思っていたら、次の瞬間パタッと電池が切れたように眠りにつくものですが、大人はなかなかそれができない。だからこそ、理想の眠りにつけるように準備は入念にしたいものです。
 私がやっているのが、寝る前のお腹へこませ呼吸。お腹には、自律神経のバランスを整えるツボがたくさん集まっているので、お腹をへこませながら、呼吸を繰り返して、体と心のスイッチを落とすようにしています。
 まずは、おへその上に両手を置いて、3~4秒間かけてゆっくり鼻から息を吸って、同じく3~4秒間かけて、ゆっくりお腹をへこませながら息を吐く。そのまま3~4秒間息を止めながら、さらに肋骨の方に内臓を突き上げるように、おへそと背中がくっつくくらいのイメージでお腹を手で押し込む。
 お腹をへこませたまま、何度かこの呼吸を繰り返します。だんだんと自然に全身の力が抜けてきて、体がポワンと温かくなるように感じてきたら、交感神経と副交感神経のスイッチが切り替わってきた証拠です。
 ぐっすり眠るためには、この自律神経のスイッチを切り替えてあげることが大事なのだけど、ストレスが溜まっているとお腹が固まってしまっていたりして、なかなかスイッチの切り替えが上手くいかないんです。
 頭が冴えて眠れないというのも、寝ても寝ても疲れがとれないというのも、寝ているときにずっと、活動モード=交感神経が優位になっているから。
 そんなときは、決まって嚙み癖が出てしまったり、翌朝ひどい肩こりを感
じて目覚めてしまったり。
「ああ、今日はほんとに疲れたなあ……」と思ったときほど、1 分でも2分でも、このお腹へこませ呼吸をやってから眠るようにしています。
 また、ブルーライトは交感神経を活発にしてしまうので、最近は、できれば寝る1時間前からは、携帯もパソコンも見ないように気をつけてます。
 浅い眠りになるものは避け、寝始め3時間で質のいい深い眠りを目指して。

SELFCARE CHECK POINTまとめ

●舌を上あごにつけて、「口開け」で眠る

●頭皮を指で揉むように洗髪

●頭とあごをゆるませる

SHIHO
ナビゲーター
SHIHO
1976年6月6日、滋賀県生まれ。 94年のデビュー以来、数多くの雑誌、CM広告、テレビ、ラジオ、出版など、多分野にわたって活躍し、幅広い女性からの支持を受けている。 現在、ブランドradiance de SYHSÉのディレクターを務める。 著書は、『SHIHOトレ』『やせトレ SHIHO SECRET METHOD』 『TRINITY-SLIM“ 全身やせ”ライフ』のようなトレーニングに関するものから『おうちヨガ SHIHO meets YOGA』『SHIHO loves YOGA おうちヨガ』、また美の秘訣を一冊に凝縮した『SHIHO's Beauty Theory』まで、「ヘルス&ビューティ」ジャンルの著書は累計60万部を超える。
このナビゲーターの記事を見る