お金持ちになる人に共通する、たったひとつの習慣とは?

毎月ひとりずつ、読者の皆さんにお財布の中身や家計簿を公開していただくGINGERの人気連載「MONEY事情」。取材をしていると「貯めたいのに貯められない」という人と、「たいした苦労もなく貯めている」という人、両極端な印象です。

そこで今回は、ファイナンシャルプランナーの花輪陽子先生に、貯まる人の習慣について聞いてみました。(編集部)

お金持ちはお金をどう使う?

Licensed by Getty Images

シンガポール在住、ファイナンシャルプランナーの花輪陽子です。シンガポールはお金持ちが多い国。日本人も含めてさまざまなアジアの富裕層を間近で見てきました。

そのなかで気付いた、お金持ちになる人の習慣をお伝えしましょう。お金持ちになる人は、消耗品に極力お金をかけずに、投資となる部分にお金を使う傾向があります。

部屋のなかにも無駄なものが少なく、日本ほどカフェやコンビニがあるわけではないのでラテマネー(毎日のコーヒー代のような小さなムダ遣い)も少ないです。ファストファッションで爆買いをするような人もいません。「安物買いの銭失い」という言葉のような、すぐに捨てることになる安物を、あまり買わないのです。それよりも代々使い続ける、あるいは不要になったら売れる物を厳選して買います。

逆に、日々の生活レベルの上昇や、子供の教育や健康など未来への投資になるようなことにはお金を使います。日々の食事で、オーガニックの素材を選ぶなどもそうですね。

何だ、それだけ?と思われたかたもいるのではないのでしょうか。でも、いざ真似をしようと思っても、私たちは思った以上にムダ遣いをしているうえに、欲しいものも多すぎて、なかなか思うようにいかないものです。一度自分の支出を振り返り、例えば不用品を売ってみるなど、小さなことからでも真似をしてみてはいかがでしょうか。


花輪陽子/ファイナンシャルプランナー
ナビゲーター
花輪陽子/ファイナンシャルプランナー
外資系投資銀行に勤務後、ファイナンシャルプランナーとして独立。テレビや、Web、雑誌など多方面で活躍中。近著に『お金持ちになる女はどっち?』(PHP刊)。公式ブログはhttp://yokohanawa.com/blog/ YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCrYwNKYMyOOfPTKF5RxO65Q も参考に!
このナビゲーターの記事を見る