すぐに使える接客英語!『WHAT〜?』ではじまる簡単フレーズ【オトナの英会話】

最近、ミライズで「おもてなし英語」を学びたいという、ホスピタリティ業種(一般的に、宿泊、輸業、旅行業等のサービス業)に従事している生徒さんが増えています。英語でおもてなしができる日本人が増えれば、インバウンドのお客様もどんどん増えることに繋(つな)がり、日本のホスピタリティ産業も盛り上がり、昨今問題になっている人手不足の解消も見込めるかもしれませんね。英語の力ってすごい! Let's start today's lesson! 

【会話の続け方】先週のおさらい

前回のレッスンでは、まずは、相手の持ち物や相手のことをほめることで、会話を続けていくことについてお伝えしました!言い方は簡単 I like your~ です。

【おもてなしの極意】相手を知るために質問する

英会話上達の最初のステップは、まず【自分のこと、好み、希望を伝えられること】なのですが、次のステップは【質問できるようになる】です。自分のことを伝えられたら、相手のことを聞いてみる、そして会話がどんどんつながっていく、という感じです。

おもてなし(hospitality) も、相手のことを知りたいという気持ちから始まり、知ったことから相手のことをよく考えることで始まる気遣い、ではないでしょうか。そこで、英語で質問するための疑問詞について今日は学んでいきましょう。

【英語で質問する】疑問詞の達人になる

皆さんも中学生時代には、Who(だれが)When(いつ)、Where(どこで)、What(なにを)、Why(なぜ)、How(どのように)という「5W1H」という疑問詞の基礎を学んだのではないでしょうか?
英語で質問するためにはこの疑問詞をマスターしていく必要がありますが、今日は、その中でもは一番使用頻度の高い【What】の使い方をご紹介します!

【何?から始めよう】 まずはwhatからマスター

1.What +  be動詞

What is your name? (お名前は?)
What is it? (それは何ですか?)

2.What +  do を組み合わせる

What do you do? (お仕事はなんですか?)
What do you like to do in your freetime? (趣味はなんですか?)

3.What +  名詞

What time is it? (何時ですか?)
What fruit do you like? (果物は何が好きですか?)

Fun Fact!(マメ知識)

シェイクシャックやユニオン・スクエア・カフェの創業者で、レストラン業界の風雲児といわれているダニー・マイヤー氏は、おもてなし(hospitaliy) についてこんなことを言っています。

“Hospitality is present when something happens for you. It is absent when something happens to you. Those two simple prepositions – for and to – express it all.”

おもてなしとは、あなたの「ため」に何かが起こった時にのみ存在するもの。あなた「に」起こったことには存在しない。簡単な前置詞で表現できること。-for(ために)とto(に)

すべては、相手がいて、相手のことを想う気持ちから始まること。おもてなしの気持ちは日本だけではなく、グローバルに共有できる気持ちなんですね。

See you next time!

MeRISE英会話
ナビゲーター
MeRISE英会話
セブ島留学と英会話スクールのMeRISE(ミライズ)。セブ留学は一つ何かにチャレンジしてみたい女子に人気!講師陣は全員が英語を「教えるための」資格を持っています。
このナビゲーターの記事を見る