【人気インスタグラマーおすすめ!】旬素材たっぷりの春おにぎりレシピ

3月に入り、春だ、春だと気分は高まるばかり! 実際は不安定な天気が続いていますが、柔らかな春風を感じられるようになりました。今回人気インスタグラマー@chinamisakamotoさんに教えていただいたのは、新緑を想わせる春おにぎりのレシピ。旬の素材をぎゅっと詰め込んだ春ごはん、みんなで楽しみましょう!(編集部)

こんにちは。ソトナカごはん担当のチナミです。 今回は、この時季のおもてなしやお花見、それからピクニックなどのお供に、ぜひ活用したい彩り豊かな「春おにぎり」をご紹介します。ラップで包むのでとってもお手軽、お好みの具を詰めてたっくさん作ってみてくださいね!

春薫る旬素材を詰めて

(右:小松菜の葉で包んだ高菜おにぎり)

沸騰したお湯に塩を入れ、小松菜の葉をくぐらせます。水気を拭き取って、胡麻油をまぶした”オイルおにぎり”を包みます。具は高菜を入れました。

(中央:とろろ昆布で巻いたおにぎり)

とろろ昆布の美味しそうな風味が食欲をそそりますね。広げたとろろ昆布に梅干し入りのおにぎりを巻いてみました。仕上げに佃煮昆布をトッピングしています。

(左:えんどう豆のおにぎり)

鞘から取り出したえんどう豆は、一旦熱湯にくぐらせて生臭さを取り除きます。そのあと、お米、昆布、塩と一緒に炊きます。(ぜひ炊きたてを丸めてくださいね。時間が経つと、豆とごはんが分離しやすくなります。) 具は、筍の佃煮が入っています。

盛りつけ方もおもてなしの心得

おもてなしの際は、小鉢も添えて。

こちらは、お花の「おから」です。クッキー型で花形にしてみました。喜ばれますよ!

みんなで食べ比べも楽しめる!

こちらは、先ほどの春おにぎり。お弁当バージョンです。鮮やかな緑色が木々に芽吹き出す若葉を思い起こさせますね。

大人数のお花見には、ぜひこちらを。小さめに作ると色々な種類を試してもらえます。

「春おにぎり」いかがでしたか。オリジナルもまじえて、まんまるおにぎり作ってみてくださいね!みんなの笑顔が待ち遠しくなりますよ!


坂本ちなみ/料理研究家、フードライター
ナビゲーター
坂本ちなみ/料理研究家、フードライター
フードライター。旬野菜を使ったレシピ考案。野菜好きが高じて庭に畑を作る。野菜のお世話をしながら日々作っている料理をインスタグラムにて配信中。 著書「野菜のごちそう弁当」インスタグラムアカウント名@chinamisakamoto
このナビゲーターの記事を見る