コスパ◎な、おもてなしスイーツに。超簡単×美味「コーヒーゼリー」レシピ

たまに無性に食べたくなるコーヒーゼリー。先日ふとしたきっかけで、その歴史を知る機会がありました。日本の伝統デザートのようなイメージがありますが、実は最初に作られたのはイギリス。日本にはコーヒーと同じ頃伝わり、20世紀前半の喫茶店ブームに伴って社会に浸透していったようです。ただ現在イギリスではコーヒーゼリーを食べる習慣がなくなってしまったようで、海外の雑誌などで逆にコーヒーゼリーが日本のデザートとして紹介されているのを見ると、面白いなと思います。
さてこんな話を読んでいたら、コーヒーゼリーを食べたくなった皆さんも多いのではないでしょうか? ご存知の方も多いとは思いますが、あえて今日は基本の作り方とそのアレンジの仕方を紹介します。ほろ苦いゼリーを食べながら、その深い歴史を感じてみてください。

コーヒーゼリーの作り方

今回紹介するゼリーの特徴は、甘味がほとんど無いことです。個々に好みの甘さが違うので、アイスコーヒー同様、食べる時にガムシロップで調節しましょう。
コーヒーは300ccで作ると固め、400ccで作るとゆるめに出来上がるので、好みで分量を調節してください。ガムシロップは市販の物でももちろん大丈夫です。

材料 2-3 人用
<コーヒーゼリー>
コーヒー(インスタントでもドリップでも)300cc - 400cc
粉ゼラチン5g+水大さじ2杯
砂糖大さじ1
生クリーム適量
<ガムシロップ>
水:砂糖=1:1

●作り方
1.  
コーヒーを沸かす。粉ゼラチンと水大さじ2杯を合わせ、ゼラチンをふやかしておく。

2.  コーヒーを鍋に入れ、沸騰したら火から下ろし、砂糖とのゼラチンを入れ、泡立て器でゼラチンを溶かす。


3.  型にを流し入れ、冷蔵庫で冷やし固める。
冷やし固めている間に、ガムシロップを作る。鍋に同量の水と砂糖を入れて火にかけ、砂糖が完全に溶けたら、火から下ろし冷ます。

4. 出来上がったのコーヒーゼリーをスプーンですくって器に盛り、好みの量の生クリームとガムシロップをかける。

コーヒーゼリー入りアイスコーヒー

アイスコーヒーにコーヒーゼリーを加えるだけで出来上がり! 飲む時に各自好みのクリームとガムシロを加えます。カフェメニューとしてもよく見かけると思いますが、自宅で再現したことはありますか?
とても簡単に作れて見栄えも良いので、お友達など招待した時にぜひ作ってみてください。喜ばれますよ!

コーヒーゼリーパフェ

近所のカフェにコーヒーゼリーパフェがあるのですが、ちょっと値段が張るので自分で作る時があります。せっかく材料を揃えて作るなら、ついでに友達を招待してパフェパーティーをしちゃいましょう。
1人分作るのは少し面倒でも、ちょっとしたおもてなしと思うと、逆に簡単に思えてきますよ。これからの季節にぴったりのコーヒーゼリーパフェぜひ作ってみてください。

<パフェの材料例>
コーヒーゼリー
アイスクリーム(バニラ、チョコ、コーヒー、キャラメルなど)
シリアル
チョコレートシロップ
クッキー
トッピング(ナッツ、カカオニブ、チョコチップ、クッキーを崩したものなど)
ホイップクリーム

文・写真/ブライデン陽子


ブライデン陽子/料理研究家
ナビゲーター
ブライデン陽子/料理研究家
料理研究家。1991年に渡米。インテリアデザイナーとして数々のスペースを手がけた後、Yoko Design Kitchen を立ち上げる。ハーバード大学でリサーチアシスタントを務める他、 料理教室、レシピ開発など幅広い分野で活動。世界中を旅して得たルールに拘束されない自由な発想とスタイリッシュな料理が人気。
このナビゲーターの記事を見る