DJあおい論4 : 自分の話をしない男の取り扱い説明書

好きな彼のことは全部知りたい! 大人になるとそんなことが無茶な話であることは百も承知(のはず)。とはいえ、全部とはいわないけれど、もう少しいろいろなことを話してくれてもよいのになぁと感じている人もいるのではないでしょうか。

月間約600万PV、twitter約36万フォロワー(2アカウント合計)! 日本一恋愛相談を受けている大人気ブロガー DJあおいさんから、今回は男性と女性の考え方の違いを学んでみましょう。 著書『じゃあ言うけど、それくらいの男の気持ちがわからないようでは一生幸せになれないってことよ。』(幻冬舎文庫)より一部抜粋してお届けします。 

今日あったことを聞くより〝明日の話〞を振りなさい!

Licensed by Getty Images

 以前、こんな相談をいただきました。
『あおいさん、相談にのってください。私は彼になんでも話してほしいと思っています。今日何してたとか、仕事内容とかその他なんでも・・・・・・。なのに彼はあまり私には話してくれません。友達には話しているみたいなのに、彼女に話したくない心理とはどういうものなのでしょうか? どうしたらもっとなんでも話してもらえるようになれるのでしょうか?』

 男にとっての恋愛とは生活の一部であり、女はその一部に生活のすべてを捧げる生き物である――と言いまして。
 まぁ少し誇張した表現ではありますが、多くは違いません。
 男性の脳は女性の脳ほどマルチタスクにはできていないものでして、基本的にひとつのことに集中する生き物なんです。

 ですから仕事は仕事、恋愛は恋愛と、カテゴリー別に保存するところが違うんですね。
 要するに仕事と恋愛を同じチャンネルに混在させることが苦手なんです。仕事には仕事の自分があり、恋愛には恋愛の自分があるのが男性なんですね。

 また、男性は基本的に過去より未来を重視する生き物ですから「今日は何をしていたのか」という会話よりも「明日は何をするのか」の方が食い付きはいいです。
 過去を探るのではなく未来を引き出し、その引き出した未来から過去を築いていくのが男と女の上手なコミュニケーションのコツなんですよ。
 引き出した未来を具現化できれば、それは共有できる過去になりますからね。

文/DJあおい

『じゃあ言うけど、それくらいの男の気持ちがわからないようでは一生幸せになれないってことよ。』 (幻冬舎文庫)

恋愛も人生も、〝楽しんでいる人〟にはどんなに頑張っても敵わない。愛されようと頑張るより、愛することを楽しむのが恋愛の究極のコツ。「価値観を“合わせる"より“違いを許せる"のが愛すること」「男性が気変わりするのは、女性の〝軽さ〟より〝重さ〟」。男女の違いから恋愛の勘違いと無駄な努力までを、人気ブロガーが愛情を持ってぶった斬る!


DJあおい/恋愛アドバイザー
ナビゲーター
DJあおい/恋愛アドバイザー
恋愛アドバイザー。twitterで独自の恋愛観を綴り、一般人としては異例のフォロワー約36万人(2アカウント合計)。ブログ「DJあおいのお手をはいしゃく」は月間600万PVを誇る。著名人のファンも多く、幅広い層から支持されている。『だからね、「少し距離を置こう」は「もう別れたい」という、優しい嘘なんですよ。』(幻冬舎文庫)が好評発売中。
このナビゲーターの記事を見る