話題の低糖質ダイエットにも! 韓国、中華、洋食…「油揚げ」を使った大満足の各国レシピ4選

お味噌汁の具やおいなりさんなど、古くから日本人に馴染み深い油揚げ。油で揚げているから高カロリーだと思われがちですが、実は低糖質・高タンパクの優秀食材。さらに、女性ホルモンのバランスを整えるイソフラボンも豊富です。調理をする前に油揚げに熱湯をかけて油抜きすれば、油くささが消え、味が染み込みやすくなるだけではなく、余分なカロリーもカットできてよりヘルシーに。 最近話題の糖質制限ダイエットにもピッタリな油揚げを使った各国レシピをご紹介します。

韓国編「油揚げキムチ鍋」

寒くなってくると恋しくなる鍋。野菜もたっぷり摂ることができるヘルシーメニューですが、イチオシはキムチ鍋。キムチは、整腸作用のある乳酸菌や代謝を促すカプサイシンなど、栄養豊富な発酵食材でもあり、発酵することで旨味もUPするので味付けも簡単。鶏がらスープに好みの野菜と油揚げ、キムチをたっぷり入れるだけ。油揚げのコクも加わって、簡単でヘルシーなのに満足度も高い一品です。

中華編「油揚げ餃子」

あふれ出す肉汁がたまらない焼き餃子。ついつい食べ過ぎてしまい、皮の糖質が気になるところですが、皮を油揚げにすれば、低糖質なのに美味しい焼き餃子ができます。餃子の具に使う挽肉は、赤身肉や鶏挽肉にすると、よりヘルシー。キャベツやニラなど、野菜はたっぷり入れましょう。ショウガ・ニンニク・醤油・酒・胡麻油で味付けをしたら油揚げに詰め、楊枝で留めたら両面をこんがり焼いて完成!味がついているので、何もつけなくても、時間が経っても美味しくいただけます。

メキシカン編「油揚げサラダラップ」

野菜やお肉を巻いて食べるトルティーヤは、メキシコ料理の定番です。具は、もともとヘルシーなのですが、トルティーヤの皮を油揚げにすることでヘルシーさUP!油揚げを2枚に薄くスライスしたら、両面を軽く焼きます。あとは、たっぷりの野菜やお肉、チーズなど好みの具を巻くだけ。ラップで巻いてカットすれば、お弁当にもピッタリです。

洋食編「油揚げピザ」

焼くとサクサクとした食感になる油揚げは、ピザ生地にしても美味しいんです。ピザ生地を油揚げに変えるだけの簡単低糖質ピザは、朝食にもピッタリ。油揚げを2枚に薄くスライスしたら、トマトソースを塗り、好きな具材を乗せ、チーズをかけてトースターで焼くだけ。味噌を塗った和風ピザもオススメです。

文/江頭令子

江頭令子/PR広報
ナビゲーター
江頭令子/PR広報
グループ会社を含めた十数社のIT広報を1人で担い約10年。9年目からは通販化粧品の企画・販売を行う新規事業を立ち上げ、スキンケアブランド「ViTAKT」を手がける。仕事においても家事においても手作りが好きで、ハンドメイド広報とも言われる。モットーは、無理をしすぎず楽しむこと。
このナビゲーターの記事を見る