可愛いフリしてあなたを苦しめる「ラテマネー」とは?

毎月ひとりずつ、読者の皆さんにお財布の中身や家計簿を公開していただくGINGERの人気連載「MONEY事情」。取材をしていると「コンビニやカフェでつい無駄遣いしてしまう」という人が目立ちます。ファイナンシャルプランナーの花輪陽子先生によると、ちょこちょこ出費は大きな敵。その理由を教えていただきました。(編集部)

無自覚な出費「ラテマネー」とは?

Licensed by Getty Images

「毎日コンビニでお菓子を買う」「ついスタバに行きがち」・・・こうしたちょこちょこ買いはなぜいけないのでしょうか。

「今日もなんか結構お金が出ていったな・・・ひとつひとつの費用は少ないんだけど、なんでこんなに減ってるの!?」。皆さんもこのように感じた経験はありませんか? この無自覚な出費の原因、たいていは毎日のカフェ代など。こうした支出はカフェラテにちなんで『ラテマネー』と言われます。名付け親は、米国の資産アドバイザーのデヴィット・バック氏です。

シンガポール在住の私も、この年末年始にかけて日本で過ごしたのですが、コンビニやカフェ、自動販売機や駅ナカのお店などが充実しているため、ポロポロとお金を使いがちになってしまうことを実感しました。特に電子マネーなどは、お金を使う精神的な痛みが少ないです。

ラテマネーを減らすとこんなに貯まる!

Licensed by Getty Images

しかしこのラテマネー、積み重なると大きくなります。1日500円だとしても1ヵ月に換算をすると、約1万5000円。「貯金がまったくできない」という人も多いですが、月1万5000円もあれば、立派な貯金に繋(つな)がります。

その毎月の貯金にボーナスなども加えて、例えば毎年60万円を貯金できたとしましょう。38年間積み立てた場合、0.5%複利なら2,517万円、3%複利なら4,274万円と大きく資産が変わります。これで老後も安泰というわけです。

私が住んでいるシンガポールにいる富裕層はラテマネーが限りなくゼロに等しく、お金が増える一方なのでますますリッチになっていきます。皆さんもそういった富裕層の行動から学んで、まずはラテマネーを減らす努力をしていきましょう。


花輪陽子/ファイナンシャルプランナー
ナビゲーター
花輪陽子/ファイナンシャルプランナー
外資系投資銀行に勤務後、ファイナンシャルプランナーとして独立。テレビや、Web、雑誌など多方面で活躍中。近著に『お金持ちになる女はどっち?』(PHP刊)公式ブログはhttp://yokohanawa.com/blog/ YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCrYwNKYMyOOfPTKF5RxO65Q
このナビゲーターの記事を見る