【人気インスタグラマー発】いつもの料理にも大活躍! “抜き型”を使って季節野菜を飾り切り

こんにちは。ソトナカごはん担当のチナミです。ようやく見つけた好みの器、お気に入りのカトラリー、愛用している両手鍋、など料理の楽しみ方はさまざまですが、今回みなさんにオススメしたいのは「野菜の抜き型」です。これがあるだけで、いつものお料理が格段に美しく変化します。味わう前にまずは見て楽しむ、ぜひ日々の料理に取り入れてみてくださいね!

型の種類はさまざま! 型集めも楽しい!

3ミリ~5ミリにスライスした野菜を、好みの型にくり抜いていきましょう。さっと茹でて食べやすくしておきます。(蒸す、またはレンジでもOK。レンジの場合は耐熱皿に並べて、少量の水を足します。)旬の野菜を使うと、より一層季節感が増しますよ。

こちらはカラフルな野菜をひょうたん型にくり抜き、重ねてピクルスにしたもの。お弁当にも重宝します。

クッキー型も便利! お弁当に飾り切りを添えて華やかさ倍増

クッキー型を使ってみると、野菜の表情がとても豊かになりました。メインのおかずを作らなくても、椀物とおにぎりだけで立派なおもてなし料理に。

花形大根は、立体感を楽しんで。

上段:紅葉に見立てた抜き型です。木の葉の赤は、パプリカを使いました。さつまいもご飯との相性もばっちりです。
下段:出汁でじんわりと炊いた花形大根は常備菜としても大活躍。お弁当に入れると華やかな印象に。

季節感を意識した型選びを

この時季に使えるのが、もみじ、木の葉、イチョウの3種。

こちらは、炊き込みご飯のおにぎりです。フォルムがとってもかわいい「もみじ人参」と「花形大根」をあしらいました。野菜のコントラストが効果的です。

わかめとゴマの雑炊にもアクセントに「もみじ人参」を浮かべてみました。ちょっとした工夫が、自然と笑顔にさせてくれます。

地味なおからも抜き型を使えば大変身!
こちらは、四葉のクローバー型を使って「おから」を盛り付けてみました。味はいつもと変わらないはずなのに、なぜかおいしく感じるから不思議です!

シーンを考えて型を活用

ちょっと添えるだけで、料理の印象がグッと変わりますね。

早いもので、数か月後にはクリスマス料理やお節料理の季節がやってきます。使えそうな抜き型を今から少しずつそろえていくのも、料理がさらに楽しくなるコツかもしれません。普段のお料理やお弁当、おもてなし料理まで、可愛い抜き型を取り入れて自己流アレンジをお楽しみくださいね。


坂本ちなみ/料理研究家、フードライター
ナビゲーター
坂本ちなみ/料理研究家、フードライター
フードライター。旬野菜を使ったレシピ考案。野菜好きが高じて庭に畑を作る。野菜のお世話をしながら日々作っている料理をインスタグラムにて配信中。 著書「野菜のごちそう弁当」インスタグラムアカウント名@chinamisakamoto
このナビゲーターの記事を見る