このセンス、マネしたい!気になるニューヨーク最新インテリア

ニューヨークを訪れたなら、必ずと言っていいほどチェックしたいのが眺めのいいルーフトップ。毎年のように新しいルーフトップバーがオープンして、チェックが追いつきませーん(笑)。とはいえ、ルーフトップって、どちらかといえば、暖かい時期の風物詩的イメージがありますよね。そんななか、ビューのみならずインテリアもおしゃれだということでオープンと同時に注目が集まり、この寒い冬でも賑わっている最新ルーフトップをご紹介します!

SATCでもおなじみの人気エリアにオープン!

前回に引き続きミートパッキングディストリクトに来ています。この辺りは、週末の夜ともなるとレストランや、ナイトクラブに人が集まり盛り上がっているエリア。

女優のサラ・ジェシカ・パーカーや、デザイナーのダイアン・フォン・ファステンバーグがお気に入りだったレストランPastis (パスティス)の跡地で、テレビドラマのSATCでも度々ロケで使われていたりもしたから、どことなく見覚えがあるなと思う方もいるかも!?  そんなミートパッキングの中心ともいえる場所に、突如オープンした巨大インテリアショップ。

アメリカとカナダ全土にお店を持つ人気のインテリアブランドRH(旧名はRestoration Hardware / レストレーションハードウェア)のギャラリーで、フラットアイロンの路面店が移動してリニューアルオープン。最上階にはレストランがあり、屋外にはルーフトップパークと呼ばれる広いテラスもあります。

昨年9月のオープン当初から注目され、特にレストランが話題になり人気。ただし、予約を受け付けないため、ランチ時は並ぶの覚悟です。「朝なら比較的空いている」という噂を聞きつけ、早速、朝10時のオープンを狙って、朝食をとりに行って来ました!

ガラス張りのエレベーターで最上階へ直行

店内はアトリウムになっていて、中央にガラス張りのエレベーターがあり、それで一気に最上階へ。途中、インテリアがディズプレイされているフロアを通過しますが、その景観も美しすぎて気分が盛り上がりますよ。

上階に到着し、エレベーターのドアが開いて降り立つと、そこは自然光の差し込むフロアにピンクのシャンデリアという壮麗な眺め。狙い通り、朝は空いていました(笑)!

この日の気温は2度でしたので、外に出ている人はいませんでしたが、ダウンタウンを一望できるテラスからのビューも最高です。こちら南側には、ダウンタウンの定番ランドマークのワールドトレードセンターが見えます。

広いテラスのインテリアも可愛いですね。柵の代わりにグリーンの植え込みが施され、都会の中にいながらしてグリーンに癒やされます。(まさにパーク!)夏は激混するのが想像つきますが、また朝イチを狙って来てみようと思います(笑)。

ごはんが美味しいのも魅力

ここニューヨークでは、ルーフトップバーといえばドリンクが中心でおつまみ程度のメニューしかなかったりするので、食事がきちんととれるのも高ポイント! 朝食メニューにはグラノーラや、アボカドトーストなど、軽めのメニューもありますが、私たちは朝からがっつりグリルドチーズ(写真奥)と、チーズバーガー(写真手前)をオーダー。2枚のパティがジューシーで超絶美味しかったです!

実はこのレストランは、全米No.1のハンバーガーといわれているシカゴの有名店Au Cheval のシェフが手がけているだけあって、その味はお墨付きなのでした。それは、食べておかないとですよね〜(笑)。(ちなみにAu Chevalも今秋にニューヨークにオープン予定)

と、そんなこんなで、居心地が良すぎてすっかり長居してしまい、気がつけばお昼時に。周りを見渡すとすっかり満席でした。大満足の朝食(兼ランチ)を取り終え、館内をぶらぶらすることに・・・。 

インテリアギャラリーでインスピレーションをゲット

食後の運動も兼ねて・・・階下へは階段を使って降り、ワンフロアずつゆっくり見て回ることをオススメします。

見通しの良いフロアには、ダイニングルームや、リビングルームの家具がディスプレイされています。オブジェの置き方や、壁にかけたアートなどもインテリアアイデアの参考になりますね。

広くて、自然光たっぷりで、気持ちがいいです。いつかこんな部屋にしたいって妄想を膨らませながら進んで行きましょう(笑)。

ワインテラスとバリスタバーも本格的!

さらに下のフロアには、なんとワインテラスと、バリスタのいるカフェもあります。素敵なインテリアに囲まれながらお茶タイムもいいかも!  スイーツもあって気が利いてます!

ルーフトップが混んでいたり、ルーフまで行かなくても軽くお茶だけしたいという時にはこちらがオススメです。ショッピングの合間にも休憩マストな私たちには嬉しい配慮ですね。

インテリアデザインのコンサルやカスタムも受付中

階下はまだまだインテリアのディスプレイが続きます。寝室のイメージも素敵ですね。ライティングや、ソファーや椅子のファブリック、ラグ、カーテンなどもすべてカスタムオーダーできるんですよ。

デザインスタジオが併設されていて、専属のインテリアデザイナーがコンサルテーションしてくれます。モデルのカーリー・クロスや、テニスプレーヤーのマリア・シャラポアが、デザイナーと一緒に館内を見て回っていたという目撃情報もあり!

RH New York 
99th Ave, New York, NY 10014
TEL : +1(212) 217-2210

常に新しいお店がオープンして、何かと発見の多いミートパッキングディストリクト。RHは、お店の向かいにホテルを建設の計画もあるのだとか。そちらにもルーフトップができるのかな〜なんて、ワクワクしながら、ミートパッキングのレポートは続きます!

Stay tuned! 

Photography&Text/Hiromi Yamada


HIROMI YAMADA/スタイルマーケットエディター
ナビゲーター
HIROMI YAMADA/スタイルマーケットエディター
NY在住エディターライター、イメージコンサルタント。ファッョンスタイリストとしてキャリアを積み、渡米。現在は雑誌やウェブメディアを中心に、ディレクション、コーディネートから、執筆までを担当。衣美食住のすべてにアンテナを張り巡らせ、誰よりも情報通。
このナビゲーターの記事を見る