開運を呼ぶ、節分の過ごし方とは?

節分は旧暦で大晦日に相当する、新しいエネルギーに変わるとされる日。日本の風習である豆まきも新年を迎えるために、邪氣を祓うための行事です。節分は立春の前日に運氣を取り入れるための大切な日なので、運気をアップさせるための「節分」のオススメの過ごし方をご紹介します。

正式な豆まきの仕方を知っていますか?

Licensed by Getty Images

1. 青大豆をフライパンで炒る
豆を炒ることでこれから1年間、悪い芽が出ない(自分の厄を摘む)ようにします。豆をまくことそのものより、重要な部分です!

2. 豆を「鬼は外~福は内!払いたまえ 清めたまえ」と3回ずつまく
鬼門(北東)から時計回り(右回り)にお塩(粗塩)とお酒を撒(ま)きます。炒った豆をひと掴み、福茶用に取っておきます。

3.「福は内~実れ~実れ~実る~」と唱えながら、お菓子を玄関から中央に向く
お菓子は手のひらをお椀型にして、ふわっとまきます。

4. 福茶用に取っておいた豆と茶葉を急須に入れ、家族分の福茶を入れる
「福が来ますように」と願いを込めながら、まいたお菓子とともにいただきます。

5.  榊で首の後ろを年の数プラス1回たたく
「払えたまえ~清めたまえ~」と言いながら、たたきます。

1年分の身と心を浄化

Licensed by Getty Images

最後に、お塩とお酒のデトックス風呂に入ります。お塩はヒジ下とヒザ下をマッサージ、そしてエネルギーの侵入口になる首の後ろ、この3カ所を念入りに氣が抜けていくイメージをしながらマッサージをします。

立春は、地球のエネルギー的な新しい年のスタート

Licensed by Getty Images

節分は、大晦日と一緒で徹底的にきれい(浄化)にする日にあたります。
新しいエネルギーの波に乗って、良いスタートを切るために、お部屋も身体も心も・・・しっかり浄化してピカピカに磨いておきましょうね♪

節分の翌日は『立春』。これで本当に、2018年が始まります!

皆さまに、光り輝くエネルギーが注がれ、幸せに包まれますように・・・。

文/いわせ直美

いわせ直美/合同会社ナオアンドパートナーズCEO・美容家
ナビゲーター
いわせ直美/合同会社ナオアンドパートナーズCEO・美容家
美容家、波動調整セラピスト(メンタル心理ヘルスカウンセラー)としてメイクアップや、メンタルヘルスケア・ビューティアドバイス・食育を通じてカウセリング指導をおこない、世の中の女性を輝かせる活動をしている。 また、ビューティ&ヘルスに関わる講演、セミナーの企画から講師派遣までをトータルプロデュース業をおこなう合同会社ナオアンドパートナーズの代表を務める。 Blog  https://ameblo.jp/naomiiwase/
このナビゲーターの記事を見る