誰かに相談したいけれど、相談相手がいない。そんなときはどうする・・・?

人間関係、仕事、恋愛や結婚のこと、将来のこと——生きていると悩みや不安は尽きません。誰かに相談したい、話だけでも聞いたもらってラクになりたい、誰にでもそう思うことはあるでしょう。
学生時代はどんなことも話し合えた友人たちも、大人になるとそれぞれが異なる道を歩んでいることもあり、なかなか身近な人には相談しづらいというのが現実。そして、自分の悩みをゼロから聞いてもらい、客観的なアドバイスが欲しいというケースもあるかもしれません。


では、いったいどうすればいい・・・? そんな場合のひとつの選択肢をご紹介します。

カウンセリングを受けるという選択


カウンセリングと聞くと、ちょっと構えてしまうかもしれません。
欧米の小説や映画のなかには、登場人物が悩みをカウンセラーに相談をしたり、大事に至っていなくても漠然としたモヤモヤした気持ちを打ち明ける、といったシーンがよく出てきます。

誰かに気持ちを説明したり、心のなかに溜まった複雑な思いを話すことで、人は気持ちを整理できたり、心が落ち着いたりするもの。
ひとりで抱え込まず、とにかく誰か信頼のおける人に“話す”ということは、問題を解決するうえでとても大きなアクションだといえます。

そして相談するならば、やはり誰でもいいわけではなく、自分の悩みの内容をよく理解してくれる専門的な知識がある人がよいでしょう。

カウンセリングのプロに頼る

働く女性はとにかく忙しくて、カウンセリングを受けるための時間を確保するのもなかなか大変です。そんな昨今は、サイト上でのセッションも広く利用されるようになってきています。
パソコンやスマホがあれば、カウンセリングサイトにアクセスしてビデオチャットやメールカウンセリングなども可能。

たとえば、今回ご紹介する「セブンスシークエンス」は女性の講師だけを揃えたカウンセリングサイト
ホームページを覗くと・・・
・ビジネス・起業のスペシャリスト
・美容・健康のスペシャリスト
・お金のスペシャリスト
・人間関係のスペシャリスト
・恋愛・結婚のスペシャリスト
・芸能関係のスペシャリスト
・経営サポートのスペシャリスト
と、7つ分野で総勢19名のスペシャリストのプロフィールが並んでいます。  

セブンスシークエンスは、脳科学や心理学、量子力学などあらゆる思考の学問を融合させた“虹視力(こうしりょく)”というカウンセリング手法を用いているそう。悩みに対するカウンセリングにとどまらず、モノゴトを俯瞰でとらえ、“悩み”そのものから解放される思考に導くことに主眼をおいています。(一般社団法人 虹視力クリエイティブアソシエイト監修)

ひとつの悩み解決しても、結果、また別の悩みが生まれてくるもの。だったら、“悩み”自体の解決をゴールとせず、その奥に秘めた願望を叶えるためのポジティブな思考的アプローチ法を身につけたいという人に注目されているサイトです。

講師を務める先生方。〈左から〉瞳先生、Aira先生、ナオコ先生、桜野麻優子先生、美月セレナ先生、吉高あや音先生

カウリングを受けるにあたっては、セブンスシークエンスのサイトに会員登録(登録料は無料)が必要です。
 在籍カウンセラーは待機状況をカレンダーで公開しているので、希望の先生のカレンダーを確認し、空きがあれば24時間いつでも即時予約してセッションが可能です。
Skypeを使った音声通話、ビデオ通話でのセッションだけでなく、メールでのカウンセリグ、希望すれば対面セッションが可能なカウンセラーもいるそう。そのほか随時、セミナーやレッスンの実施なども。

講師を務める先生方。〈左から〉尾花いくみ先生、相澤セリナ先生、大石まりこ先生、嶋田典子先生


カウンセリングに対する警戒心を捨てて、自分の気持ちが傾いたときに気軽に利用してみるのもいいかもしれません。今までと違う考え方や、自分では思いつかなかった方法で、悩みを乗り越えることができたら、その先にまた新しい展開が待っているはずですから。


●MENU
・Skype通話セッション 1時間/¥5,000~ 
・メールセッション 1往復/ ¥5,000~ 
・対面セッション 90分/¥15,000~

*講師によって料金や時間、対面場所が異なります。詳細は各講師のプロフィールページを要確認。*公式LINE@が開設されました!ID : seventh-sequence 

セブンスシークエンス
www.seventh-sequence.com

GINGERweb TOPICS班
ナビゲーター
GINGERweb TOPICS班
知っているとお得なモノゴト、働く女子が知っておくべきハウツー、賢く暮らすためのアイデアなど、多忙なアラサー女子の生活に役立つトピックスを楽しく、わかりやすく解説。
このナビゲーターの記事を見る