お金持ち女社長の24hに密着!賢い散財&節約テクとは?

海外旅行に高級レストランでのディナー…など、プライベートを大いに満喫する女社長のマネーテクが気になる! 今回取材させていただいたのは、キャスティング会社や飲食店を経営する女性社長、白石真弓さん(39歳)。彼女の24hに密着したら、賢い散財&節約テクが見えてきました。

人生ここ一番!なときは惜しまず散財するのが私流

お金に関するマイルールはズバリ、「人にお金を借りないこと」と「使うところはケチらずに使う」。起業する際も銀行からの融資以外の資金は、すべて自分の貯金。大金をはたくのは勇気がいったけど、人生をかけた挑戦や本当に必要なものには、お金を惜しみません。

最近はキャッシュレス生活に移行し、ポイントやマイルを貯めまくり! その恩恵で、欲しいものを買ったり、海外旅行を満喫しています。

白石さんが散財していることは?

①海外旅行代は惜しまない!5つ星ホテル宿泊も恒例

仕事のストレス発散には、“ひとり海外旅行”が必須。行き先は海がキレイな国が多め。宿泊先は4つ星or5つ星のホテルで贅沢に! その分、航空券は貯めたマイルで賢く購入。

今年だけで8ヵ国!

②大好きなワインは常時50本ストック♥

「三度の飯より、ワインが好き」と話す白石さん。消え物でも、愛するワインには惜しまず投資! 自宅にワインセラーを完備し、仕事後に飲んだり、女子会で振る舞ったり。ワイナリーを巡り、ワインの見識も深めています。


1本2万円の高級ワインも!


白石さんの24hをチェック!

8:00起床

仕事の予定によって起床時間は多少前後。前夜、どんなに飲みすぎて二日酔いでも、できる限り、8時までに起きるのを意識しています。

9:30 筋トレ&美容タイム

以前はジムに入会し、月謝2万5,000円を支払い。でも、行けないことも多く、お金の無駄と思って退会。現在は自宅で筋トレを。朝食は食べずにコラーゲンドリンクをチャージ!

ジム代をかけずに体型維持

コラーゲンドリンクは楽天で箱買い。ドラッグストアより、¥2,000安い!

10:00 副業のキャンドル作り

趣味で楽しんでいたキャンドル作りも、今では販売してお小遣い稼ぎ。業務用の材料を購入し、隙間時間に作っています。結婚式の引き出物として大量注文が入ることも。


ひとりで黙々と物を作るのが好きなので、キャンドル制作は大切な息抜き
淡い色みや花モチーフが人気♥

12:00 作り置きでランチ

午後から仕事のときは自宅でランチ。夕食にお金をかける分、ここは作り置きで節約を。実家の父親が送ってくれる自家栽培の野菜などが、食費削減に役立っています。


なすの煮浸しなど、野菜メニューが得意。 彼氏に差し入れすることも。

実家からの新鮮な野菜や果物

13:00 徒歩で打ち合わせへ

タクシーに乗る癖がつくと、お金がどんどん消えてしまうため、移動は歩くことを徹底。そのため、家賃が多少高くても、どこにでも行きやすい都心に住むのが譲れない条件です。


毎日ワインを飲んでも、太らないのは、たくさん歩くおかげ。いい気分転換にも。

16:00 おうちでデスクワーク

基本的にパソコンがあれば、カフェなどで仕事が可能。ただし、カフェ代はチリツモで結構な出費になるので、面倒でも自宅に戻ってPC作業や従業員とのやりとりをします。


仕事中は真剣な面持ち

コーヒーはコーヒーマシンで淹れて。本格派の味わいなのにカフェよりもリーズナブル。

18:00 ハッピーアワーで女子会

この日は仕事を早めに切り上げて、女友達とワインバーへ。頻繁に飲み歩いて浪費しているように思われていますが、ハッピーアワーを利用して、実はちゃっかり節約しています。


「19時まではアルコールが通常価格の半額」など、お得なハッピーアワ ー。だから、お会計は¥2,000程度!

20:00 ビジネス仲間と会食

女子会のあとは経営者の仲間たちと、高級寿司店へ。有益な情報や新たな人脈を得られるので、こういった交際費には惜しまず散財! 帰りはもちろん、徒歩で(笑)。


大好きなウニに舌鼓!

フレンチ率も高め。行った飲食店のことは、 グルメブログに執筆!

23:00 帰宅して家事タイム

洗濯物を畳んだり、作り置きを作ったり、家のことを。家事をするのは仕事を忘れられる貴重な時間なので、苦ではありません。好きな音楽やワインをお供に、気分を上げて♥


作り置きは一度に作ることで、手間も時間もガス代もカットできます!

24:00 就寝

家事を済ませたら、お風呂タイム。そのあとは次の旅行先のリサーチやネットショッピングなどを楽しみ、24時にはベッドへ。

その道のプロに話を聞くのが大好き、と話す白石さん。マネー関係の仕事をする人や同じ経営者の知り合いの方に、お金に関するあれこれをよく質問しているそう。

皆さんもお金に関する情報収集を怠らず、“使うところは使って、締めるところは締める”を徹底することでストレスフリーな貯蓄に取り組みましょう!

撮影/植一浩、森崎一寿美
イラスト/小松容子
編集協力/濱田恵理

GINGERweb取材班
ナビゲーター
GINGERweb取材班
アラサー女子の心と脳を活性化させるニュースからインタビューまで、見逃せない話題のあれこれを丁寧にレポート。あなたの“やる気”をアップする刺激的なネタが勢ぞろい!
このナビゲーターの記事を見る